新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

歌手になれる人の特徴!【歌が下手でも歌手になれるって本当?!】

投稿日:


「歌手」というと華やかなイメージのある職業ですよね。
たくさんのファンの喝采を浴びたり、自分の歌が世界中の人に受け入れられたりするのは、他に代えがたいものだと思います。

この記事では、今の時代に「本当に歌手になりたい」と思っている人向けに、2つほど「頭に入れておいてほしい事」をお伝えしたいと思います。

そうです!歌手になれる人の特徴をお伝えしていきますね。

【関連記事】
*MUSIC PLANET*新人ボーカル発掘オーディション2018【費用、評判、口コミ、会場はどこ?】

<その1> 正直、歌が上手くなくても歌手になれる?!

いきなり「歌手」という業種において、本末転倒なタイトルですが、昨今特にこういった傾向が多く見られます。

なぜかというと、アイドル歌手などの氾濫も一つの要因ではあるのですが、一番の理由は「録音技術、ミックス技術」の進歩が最大の要因と考えられております。

DTM(デスクトップミュージック)という言葉も、音楽関係の方なら誰もが耳にした事があるくらいに定着し、その技術の進歩は近年凄まじいもので、人の声までコンピューターのみで作れてしまうまでになっております。

あくまで「歌手」の話ですので、そういったボーカロイド等の話は省きますが、最近の技術では録音した歌の音程を補正することがかなり容易に出来るようになってきました。

一昔前だと録音したデータの波形を見て、1音ずつ補正をしていたのですが、今の技術では、一つのデータをまとめて補正することも可能です。

それでタイトルの話なのですが、「正直歌が下手でも歌手になれる」ということなんです。

昔はライブ活動をする事で自分の歌を広めることが主な手法でしたが、今はネット配信のみでの拡散が可能です。

つまり極端な話を言うと、「顔も知らない人が歌っている歌に、感動を覚える」という現象が生まれるわけです。

コンピューターの補正なんて、正直プロじゃないと気にしないですし、一般リスナーは聴いたその時に「良い」と思えばファンになってくれたりもします。

なので、「歌が上手くないと歌手になれない」という時代はもう終わっているんです。

勿論上手いに越した事はないので、そこは勘違いしないでほしいところですけどね。

前述したような人は、「ライブ活動」をしてしまうと途端に影響力を弱めてしまいます。

「あいつライブだとめちゃくちゃ下手だった」とかネットに書かれてしまうと、それだけで一気に評価が落ちたりもしますからね。

「素性を出さない事を徹底すれば成功する」現代ならではの例だと思います。

<その2>「歌手」でいたいならば、大事なのはコネを作るコミュニケーション力

これはタイトルそのままで、前述した「素性を明かさない歌手」にも共通することです。

憧れの職業とされる歌手はあくまで「売れている歌手」です。

お客さんが数人しかいないライブハウスで、細々と活動している歌手に憧れますか?

この場合は憧れますか?というより憧れようがないんです。

なぜならそういった方は”一般的に人目に触れることが少ない”からです。

もちろん当事者たちは「売れたい」と思っているでしょうけど、結果が付いてこない以上それは「歌手」としては失敗です。

自己満足で活動されてるなら何も文句はないですけどね。

そこで大事になってくるのが「コミュニケーション能力」、さらに言えばそのコミュニケーションを取っている相手に対する「嗅覚」、そして「情報」です。

例えば歌手のオーディション情報を見て応募する場合ですが、ただオーディションに行って歌って帰ってくるだけじゃダメです。

少しでもオーディション以外の時間で、関係者に話すタイミングを見計らう事が大事なんです。

そこで大事なのは「嗅覚」

その会場において極力影響力が大きいであろう人に話掛けてみることですね。

付加価値として「情報」

影響力が大きい人物をあらかじめ知っておくことで、その流れがとてもスムーズになります。

あくまで一例ですし、非常に夢の無い流れになってしまって申し訳ないですが、「売れる歌手」になる為にはとても大事な要素です。

歌手になれる人の特徴として、こういった能力にすぐれています。
自然にそう出来ている人もいますし、考えてそうしてる人もいます。

という感じで短くはありますが2つのお話をさせていただきました。

<その1>に関しては時代によって多様な方法論が生まれるという事。
<その2>に関しては「売れる歌手」である為に必要な心構え。

頭の片隅にでも良いので入れておいてもらえると、筆者としては幸いですね。

【関連記事】
*MUSIC PLANET*新人ボーカル発掘オーディション2018【費用、評判、口コミ、会場はどこ?】

 

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-歌ボーカルオーディション

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.