新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型パッソのおすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選はこれだ!

投稿日:


新型パッソのアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

おすすめオプション NO.1「ナビレディパッケージ」

1つ目の新型パッソにおすすめのオプションは「ナビレディパッケージ」です。

価格 29160円

このオプションは、バックカメラとステアリングスイッチがセットパッケージになっているもので、新車注文時のみ装着が可能なメーカーオプションとなっています。

 

バックカメラ部分は、後退時にステアリングを回す角度によってガイドラインの予想進路が変化する連動型となっているため、バックでの駐車が苦手だと言う方は是非装着を行うと良いでしょう。

 

また、選曲変更やボリュームの変更などをステアリングから手を離すことなく行う事のできるステアリングスイッチも非常に便利な機能となっており、

 

別途で変格機などを導入すれば社外品ナビゲーションの操作も行う事が可能となっているため、使い勝手を向上させたいと考えているユーザーにおすすめのオプションです。

おすすめオプション NO.2「革巻きステアリング」

2つ目の新型パッソにおすすめのオプションは「革巻きステアリング」です。

価格 18360円

このオプションは、既存のウレタン製ステリングホイールを革巻きの物へ変更するオプションとなります。

 

新型パッソに装着されるステアリングは、MODA・XグレードのG packageを除いたモデルでウレタン製の物が採用されていますが、プラスチック感が強くコストカットが目に見えてしまう点や、夏場などの汗をかきやすい時期には滑ってしまいステアリング操作を行いづらいと言う問題を抱えています。

 

しかし、このオプションを装着する事で内装に高級感が生まれ一気に車内のイメージを変化させる事ができるのです。

 

また、本革は吸湿性に優れ適度に弾性がある事から手に馴染みやすいと言う特徴を持っていることから、夏場でも汗によって滑る事は無くしっかりとステアリング操作を行う事ができると言うメリットも存在します。

 

そのため、車内の質感を向上させたい場合や、フィット感のあるステアリング操作を望む方におすすめのオプションとなっています。

おすすめオプション NO.3「エントリーライト」

3つ目の新型パッソにおすすめのオプションは「エントリーライト」です。

価格 15660円

このオプションは、運転席・助手席側のプロントピラー部分にLEDランプを設置すると言う物で、夜間などの乗降の際、足元を照らす役割を担っています。

 

昨今の自動車は、軽量化やコストカットなどの理由から一昔前の車には当たり前の様に装着されていた装備品が省略される傾向にあり、新型パッソの場合にはドアオープン時に足元を照らすカーテシランプなどが装備されていません。

 

そのため、暗い空間での乗降時はルームランプの明かりを頼りに足元を確認する事になりますが、光量が足らず降車時にはドライバーの影となってしまい足元が確認し辛い状況となってしまいます。

 

しかし、このオプションを装着すれば的確な位置にランプが設置されるため容易に足元を確認する事ができるのです。

 

また、ドアが開いている状態と言う目印にもなり事故を防止する効果も期待できるため、快適性や安全性を向上させたいと考えるユーザーにおすすめのオプションです。

おすすめオプション NO.4「IR(赤外線)カットフィルム(リヤサイド・バックガラス)」

4つ目の新型パッソにおすすめのオプションは「IR(赤外線)カットフィルム(リヤサイド・バックガラス)」です。

価格 15120円(クリア/スモーク)

このオプションは、リヤサイドガラスとバックガラスに赤外線カットフィルムを取り付けるオプションとなっており、クリアタイプとスモークタイプの2種類から選択する事が可能となります。

 

新型パッソの主要装備諸元を見てみると、フロントドアガラスには紫外線のカット処理が行われているガラスが標準で装備されていますが、リヤサイドとバックガラスには紫外線や赤外線などのカット処理が行われていない素のガラスが使用されています。

 

そのため、夏場などはエアコンを使用していても車内の温度が下がりにくく、黒を基調とした内装のMODAシリーズでは特に温度管理が難しくなってしまいますが、

 

このオプションを装着する事で赤外線の進入を防ぎ室温の上昇を抑える事が可能となるため、快適性を求めるユーザーにおすすめのオプションと言えます。

おすすめオプション NO.5「ラゲージルームランプ」

5つ目の新型パッソにおすすめのオプションは「ラゲージルームランプ」です。

価格 8640円

このオプションは、荷室に照明を追加するためのオプションとなり設置場所は後輪タイヤハウスの上部付近となります。

 

新型パッソの室内照明は、フロントシート上部に設置されたルームランプのみとなっているため、夜間など暗い空間でラゲージルームから荷物の出し入れを行う際には積載物を確認し辛く、

 

車内に懐中電灯などを常備しなければならないなどの問題を抱えています。

 

しかし、このオプションを装着する事によって夜間でも視界が確保されるため使い勝手を向上させる事ができるのです。

 

また、ラゲージルームランプは運転席側の壁部分に設置されるため、別途オプションとして荷室の目隠し効果もあるトノカバーを装着した場合でも、光を遮ることなく荷室を照らす事ができる事も特徴と言えます。

ここからは新型パッソに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1「カラードリヤワイパー」

1つ目の新型パッソに必要のないオプションは「カラードリヤワイパー」です。

価格 8424円

 

このオプションは、リヤゲートに設置されているワイパーアームのカラーをピンク系やホワイト系の色へ変更させるためのオプションとなっており、同じトヨタ自動車から販売が行われているアクアなどにも設定されているオプションとなります。

 

新型パッソの場合、様々な色のボディーカラーが展開されており、それに合わせてプラスチック感の強いワイパー部分もカラーアレンジが行えるようカラードリヤワイパーのオプションが設定されています。

 

ワイパーの機能やカラー展開に問題がある訳ではありませんが、このオプションには決定的なデメリットが存在します。

 

それは、市販品のワイパーに交換することができないと言う点です。

 

通常、ワイパーの交換はゴム部分の取り替えで対応することが殆どですが、劣化によってガラス面との密着度が落ちた場合にはワイパーブレードごと交換を行わなければなりません。

 

ワイパーブレードは取り付け部分が同じ形状の物であれば、カー用品店やホームセンターなどで市販品を入手する事ができますが、市販品の場合には黒色のブレードのみ販売されており、カラードワイパーは販売されていません。

 

そのため、ワイパーを交換する場合にはディーラーで注文を行いパーツを取り寄せ無ければ交換ができないと言うデメリットがあるため、必要ないオプションだと判断しました。

必要ないオプション No.2「レイン・クリアリング・ブルーミラー」

2つ目の新型パッソに必要のないオプションは「レイン・クリアリング・ブルーミラー」です。

価格 12960円

レイン・クリアリング・ブルーミラーは、ミラーの表面に親水加工を施し水滴が付いた場合でも水玉状にならないため、夜間の悪天候時でもヘッドライトの光が乱反射を起こさず側面の視界を確保するためのオプションです。

 

親水加工は太陽光によって自動的に回復されるため、特殊なメンテナンスは必要ありませんが、この機能には大きな弱点が存在します。

 

それは耐久性が低いという点です。

 

これは、自動車の保管環境や使用状況によって個体差がありますが最大でも2年ほどしか親水性の効果は持続しません。

 

このオプションの価格は約12.000円程度であることから年間で6.000円程度の親水効果となると、市販品の親水スプレーなどを購入する方が遥かにコストパフォーマンスに優れているため、必要ないオプションと判断しました。

 

また、他のオプション品の殆どは3年間の保証期間が設けられているのに対し、こちらのオプションは耐久性が物語っているように、1年間だけの保証期間となっている点も必要のない理由の1つとなっています。

まとめ

ここまで新型パッソにおすすめのオプションと、必要ないオプションを紹介してきましたが、新型パッソの場合には快適性や質感の向上を見込める物がおすすめのオプションとなります。

 

また、必要のないオプションについてはメンテナンスのし易さやコスト面などを考慮すると、敢えてオプションとして購入する必要性は低くなるため、車の使用環境や目的に合わせてオプション購入する際の参考にすると良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.