新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

HONDA 新型ジェイド おすすめオプション5選&必要ないオプション2選はこれだ!

更新日:


HONDA 新型ジェイドを購入するときに、アクセサリーカタログから、オプションパーツを選ぶと思いますが、どのオプションパーツを選べばいいのか悩んでしまうと思います。

この記事では人気のおすすめオプションパーツを5つ、必要ないオプションアイテムを2つ紹介したいと思います。

おすすめ NO.1 リアワイドカメラシステム

新型ジェイドのようなワゴンタイプの車は、バックするときに後ろが見にくいという弱点がありますので、バックカメラを装着すると安心だと思います。

新型ジェイドにはオプションで「リアワイドカメラシステム」が用意されており、バックするときに大変便利です。

新型ジェイドのリアワイドカメラシステムの特徴は、カメラをワイドに切り替えることができる仕組みですのでより広範囲を見ることができますし、上部からカメラを写したように設定を切り替えることもできます。

またガイド線も表示できますのでバックが苦手な女性も安心です。

最近はこうしたバックカメラを後付けで装着する人もいます。

カー用品店では安く購入できますので、こうしたものを装着している人も多いと思います。

しかしやはりメーカーが開発した純正の方がしっかりしていますので、価格も約3万円と割安ですのでぜひ装着したいオプションです。

おすすめ NO.2 フロントカメラシステム

 

新型ジェイドのオプションパーツで、2番目におすすめなのが「フロントカメラシステム」です。

 

フロントカメラは、ナンバープレートの下にカメラを設置して、フロント部分を映し出すシステムです。

交差点で左右を確認するときに建物などがあり、安全確認をできないということはよく起こります。

こうしたときは安全確認ができる位置まで徐行してから発進しますが、徐行しているときでも歩行者や自転車が来て、ヒヤッとすることはよく起こります。

フロントカメラシステムがあれば、こうしたことはなくなります。

交差点の手前で停止してから、カメラで確認をしてから発進しますので安全です。

 

新型ジェイドのフロントカメラシステムでは、ほぼ180度映し出すことができて、とても性能がよいのが特徴です。

価格は約44000円と若干割高ですが、都会に住んでいる人など死角が多い道を運転する機会が多い人にはおすすめのオプションだと思います。

おすすめ NO.3 センサー

新型ジェイドは比較的大きなワゴンボディですので、ボディの四隅を見にくいという特徴があります。

車の運転が得意という人は問題ないかもしれませんが、女性など運転が苦手な人は狭い道や駐車場で、バンパーをぶつけてしまうというということも多いと思います。

こうした人にオススメなのが「センサー」です。

フロントとリアのバンパーにセンサーが付いており、障害物に近づくと警告音が鳴る仕組みです。

障害物との距離によって3種類の音が鳴りますので大変重宝します。

こうしたセンサーのオプションは、高級車などで標準で装備されていることが多いですが、新型ジェイドのような車では、オプション設定すらされていないこともあります。

価格はフロント、リアそれぞれ約35000円ずつと若干割高ですが、バンパーをぶつけて修理する費用を考えると、最初からセンサーを装着しておいた方が割安だと思いますので、ぜひ装備したいオプションです。

おすすめ NO.4 ラゲッジトレイ

新型ジェイドはワゴンタイプの車ですので、トランクにたくさんの荷物を積むことができます。

トランクに汚れたものを積むと、カーペットが汚れますので、これを防ぐために「ラゲッジトレイ」がおすすめです。

こうしたラゲッジトレイは、カー用品店でも販売されていますがこうしたものは床にピッタリフィットしませんので、やはり純正品が一番です。

またラゲッジトレイは汚れたときには水洗いもできますし、滑りにくい素材でできているので荷物が動かずとても安全です。

そして、トランクに荷物を積んでいる状態だと、外から荷物が丸見えになってしまいますので、カバーも装備した方が防犯上安全です。

ラゲッジカバーもセットでそろえておくと良いでしょう。

ラゲッジカバーがあるとトランク部分が隠れますので、荷物が外から見えず盗難防止に役立ちます。

肝心の価格はセットで約2万円と割安ですので、ぜひとも装備したいオプションです。

 

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

おすすめ NO.5 アドバンスドドアミラー

ジェイドにおすすめのオプションアイテム5つ目は「アドバンスドドアミラー」です。

 

これは車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに映し出すという装備で、最近多くの車に採用されるようになってきました。

 

ジェイドはファミリーカーですので、後部座席に人を乗せる機会が多いと思います。

後部座席に人が乗っていると頭が邪魔になり、後方の確認がしづらいと感じた経験がある人は多いと思います。

 

アドバンスドドアミラーを装着していると、こうしたことがありませんので安全にドライブを楽しめます。

またカメラは映し出せる範囲も広いので、後方確認もしやすくなるのが特徴です。

 

またミラーのスイッチで通常のミラーとして使うこともできますので、切り替えながら使うことも可能です。

価格は74,520円です。

 

ここからはジェイドに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 アルミホイール

逆にホンダ・ジェイドに必要ないと思われるオプション1つ目は「アルミホイール」です。

ジェイドのすべてのグレードにはアルミホイールが標準装備されていますが、これは別売のアルミホイールです。

ジェイドの純正アルミホイールはそれなりにスタイリッシュで、車のデザインとマッチしています。

 

別売のアルミホイールは純正品とあまりデザインが変わりませんので、特に必要ないと思います。別売のアルミホイールはいくつか用意されており、価格は69120円108000円129600円181440円となっています。

必要ないオプション No.2 マッドガード

ホンダ・ジェイドに必要ないと思われるオプションアイテム2つめは、「マッドガード」です。

マッドガードはタイヤハウス後部に取り付ける泥よけですが、ジェイドでオフロードを走行したりする人はいないと思いますので、特に必要ないアイテムです。

 

また泥よけを取り付けるとデザインのバランスが損なわれるというデメリットがあります。

 

このため自宅近くの道が舗装されていない人など、どうしても必要という人以外は特に装着する必要がないアイテムだと思います。

価格は24840円です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.