新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型アルファードのおすすめオプション6選&必要ないオプション2選はこれだ!

更新日:


新型となった、TOYOTA 新型アルファードのおすすめのオプションパーツ6つ紹介したいと思います。

そして、記事の最後に必要ないオプションパーツを2点、理由を添えてお伝えします。

 

NO.1 おすすめオプション 「TRD製 エアロパーツセット&マフラーセット」

1つ目の新型アルファードのおすすめオプションパーツは「TRD製 エアロパーツセット&マフラーセット」です。

TRD AERO BODY エアロパーツ

 

TRD NORMAL BODY エアロパーツ

新型アルファードはマイナーチェンジ前と後では、外観の大幅なデザイン変更は無いものの、エアロパーツについては大幅なデザイン変更が行われました。

これは新たに装着された安全装備の関係で、フロントグリルの交換が行えない事が原因となっています。

後期型アルファードは、フロントグリルの交換が行えない為、フロントはリップスポイラーのみの追加となっていますが、前期型と比べ元のフロントデザインを活かす設計となっており、高級感を維持したスポーツスタイルのデザインとなっています。

塗装済(LED付) 108,000円(消費税抜き100,000円)
素地(LED付) 102,600円(消費税抜き95,000円)
塗装済(LEDなし) 70,200円(消費税抜き65,000円)
素地(LEDなし) 64,800円(消費税抜き60,000円)
LEDの有無を選択可能です。(発光色:ホワイト)

 

塗装済 91,800円(消費税抜き85,000円)
素地 85,320円(消費税抜き79,000円)
材質 樹脂(PPE)+メッキ
地上高 オリジナルより約25mmダウン
設定 除くサイドガーニッシュ(メッキ)、ドアエッジプロテクター付車

 

塗装済 226,800円(消費税抜き210,000円)
素地 221,400円(消費税抜き205,000円)
材質 【スポイラー】樹脂(PPE)+メッキ、【マフラー】ステンレススチール
地上高 オリジナルより約5mmダウン
全長 オリジナルより約20mmプラス
サイズ 【テールエンド】W96×H64mm
設定 エアロボディ全車、除くリヤバンパーガーニッシュ(メッキ)付車

 

塗装済 64,800円(消費税抜き60,000円)
素地 59,400円(消費税抜き55,000円)
材質 樹脂(PPE)+メッキ
地上高 オリジナルより約5mmダウン
全長 オリジナルより約20mmプラス
設定 エアロボディ全車、除くリヤバンパーガーニッシュ(メッキ)付車

リヤバンパースポイラーは4本出しのマフラー設定が可能となっており、トヨタ・オリジナルアクセサリーやモデリスタ製エアロパーツにはこの設定はありません。

アルファードという車に、さらなる存在感を求めるユーザーにおすすめのオプションとなっています。

>>参考公式TRDページ

「アルファード TRD製エアロパーツ」楽天市場の価格は?

NO.2 おすすめオプション 「リバース連動ミラー」

2つ目の新型アルファードのおすすめオプションパーツは「リバース連動ミラー」です。

このリバース連動ミラーというオプションは、シフトレンジをR(リバース)に入れるとミラーが自動で下方向に向けられるという機能で、リヤドアからリヤタイヤ付近が見やすくなる機能となっています。

これにより後退時の車庫入れや駐車ラインの位置確認が格段にし易くなり、アルファードの様な全長の長い車には是非装備をしておきたいオプションとなっています。

おすすめのオプションではありますが、一つ注意すべき点があります。

このリバース連動ミラーは、助手席側ミラーのみオプションとなる点です。

以前のアルファードやトヨタ車にオプションとして装着ができたリバース連動ミラーは、運転席側のミラーも後退時に自動で下方向を向く構造となっていましたが、昨今のリバース連動ミラーは大概の製品で助手席側のみの連動ミラーとなっていますので、注意して下さい。

>>参考公式オプション(リバース連動ミラー)ページ

NO.3 おすすめオプション 「ウッド調ステアリング」

3つ目の新型アルファードのおすすめオプションパーツは「ウッド調ステアリング」です。

運転席の花形パーツと言えばステアリングですが、新型アルファードの標準装備ステアリングはExecutiv Loungeグレードがブラウンオリーブ・アッシュパール木目調、Executiv Lounge Sグレードはシルバー木目調のステアリングが装備されています。

XとSグレードは本革巻きのステアリングとなっています。

本革巻きのステアリングは手に馴染みやすく手に汗をかいた状態でもステアリング操作が行いやすい為、高級感と実用性を兼ね備えたステアリングとなっていますが、その反面、劣化による傷みが起こりやすく5年程で革を張り替えなくてはならないケースも存在します。

それであれば、劣化の少ないウッド調ステアリングを最初から選択しても良いのではないかと思います。

運転席を見たときの印象としては、やはりウッド調のデザインをしたステアリングの方が高級感もあり、さすが高級車アルファードと感じる事も多いでしょう。

アルファードという高級ラグジュアリー感を、味わいたい方におすすめのオプションと言えます。

>>参考公式オプション(ウッド調ステアリング)ページ

「アルファード30系 ステアリング」楽天市場に見に行く

 

NO.4 おすすめオプション モデリスタ製 「フロントグリルカバー」

4つ目の新型アルファードのおすすめオプションパーツは「モデリスタ製 フロントグリルカバー」です。

このオプションは、フロントマスクの印象を変える事のできるパーツです。

マイナーチェンジを行った新型アルファードは、アルファードの象徴でもあるグリルエンブレム内に、先行車や障害物への追突危険を感知するレーダーが埋め込まれているため、公式見解としてはエンブレムを含むフロントグリルの変更などは行えない仕様となっています。

このためマイナーチェンジ前の様なフロントマスクの大幅なデザインチェンジも行う事ができません。

モデリスタ製エアロパーツもフロント部分はリップスポイラーの追加のみでグリルの交換設定も無いのが現状です。

フロント部分の雰囲気を変えたいと考えているのであれば、このフロントグリルカバーを装着する事をおすすめいたします。

このグリルカバーは、トヨタ純正アクセサリーやTRD製オプションでも設定はされておらず、モデリスタからのみの販売となっています。

>>参考公式モデリスタページ

「アルファード30系 フロントグリルカバー」楽天市場に見に行く

 

NO.5 おすすめオプション 「プロジェクションカーテシイルミ」

5つ目の新型アルファードにおすすめのオプションは「プロジェクションカーテシイルミ」です。

価格 20,520円

 

このオプションは、ドア足元付近に設置されているカーテシランプと呼ばれるライトをプロジェクターのように利用し、カーテシランプに設置された、アルファード専用の車名ロゴが地面に投影されると言うオプションです。

昨今では、同じトヨタ車であるハリアーなどの高級車種を中心に、流行りのアイテムとなっているプロジェクションイルミネーション。

夜間などでも足元が見やすく高級感を演出できる事から、様々な車種で人気のオプションとなっています。

特に純正デザインという事で、デザインの絵画精度が社外品の物よりも高く色の表現も高精細なものとなっています。

夜間の乗車機会が多く、いつまでも飽きの来ないラグジュアリー感を求めている方におすすめのオプションです。

「アルファード30系 イルミネーション」楽天市場に見に行く

 

NO.6 おすすめオプション 「パフォーマンスダンパー」

6つ目の新型アルファードにおすすめのオプションは「パフォーマンスダンパー」です。

価格 97,200円

 

新型アルファードは、先代モデルから足回りの全面改良が行われたため、走行時の揺れやロールと呼ばれる車体の傾きが大きく抑えられています。

ですが、背の高いハイルーフミニバン車と言う事もあり、これらを完全に抑える事はできません。

そこで力を発揮するのがこのパフォーマンスダンパーです。

 

このオプションは車体の傾きや捻れを油圧式のダンパーで抑える事のできるオプションとなっており、装着を行う事でさらにコーナリング性能の向上と走行時に起こる車体のブレを大きく抑える事のできるオプションとなっています。

表向きはトヨタ純正パーツとして取り扱いが行われていますが、製造元はヤマハとなっており信頼性も抜群です。

また、トヨタ自動車をはじめ各自動車メーカーの販売店オプションとしても多くの販売実績があり、特に車体のブレが発生しやすいミニバン車におすすめの乗り心地改善オプションとなります。

「アルファード30系 パフォーマンスダンパー」楽天市場に見に行く

ここからは新型アルファードに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 「ステップ」

1つ目の新型アルファードに必要の無いオプションは「ステップ」です。

価格 32,940円

このオプションは、乗降時に車体と路面までの段差を少なくする脚立の役割を担ったオプションですが、新型アルファードの場合には車体と床までの間に100mm程のステップ部分が設けられています。

そのため、オプションであるステップを設置してしまうと返って歩幅が狭まってしまい乗降が行いづらくなってしまうのです。

また、価格も約3万円と高価な設定となっており社外品であれば、同価格帯で車体の床下から自動で出し入れを行う事のできる電動ステップの設置を行う事もできるため、必要の無いオプションだと判断しました。

もしも、このオプションのように手動折りたたみ式ステップが必要な場合には、ホームセンターなどで販売されている脚立でも十分代用できると言う点も必要ではない理由の1つです。

必要ないオプション No.2 「セカンドシートアンダーマット

2つ目の新型アルファードに必要の無いオプションは「セカンドシートアンダーマット」です。

価格 12,960円

このオプションは、フロアカーペットやフロアマットの上に敷き、セカンドシート足元の汚れを防ぐ塩化ビニール製のマットですが、このオプションがある事で様々な影響を及ぼす可能性があります。

このマットはシートレールの位置に関係なく車内の両幅に広がる物なので、自由にセカンドシートを動かす事ができなくなってしまいます。

新型アルファードはセカンドドアの開口部が広く、サードシートへのアクセスが向上しています。

ところが、乗降時はセカンドシートを前方へスライドさせなければ乗り降りを行う事はできないため、このオプションがあると返って乗降時の利便性が失われてしまうのです。

また、無理にシートを動かしてしまうとアンダーマットを挟み込んでしまい、シートをスライドさせる事ができなくなるなどの支障が出る場合もあるため、新型アルファードには必要のないオプションです。

もしも、汚れが気になる場合にはシートレールの幅に合わせてカットされている物や、汚れがつきにくいフロアマットの購入をおすすめします。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.