新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ダイハツ トール ノーマル&カスタムの口コミ評判や評価まとめ!2018【外観、内装、燃費など】

更新日:


執筆者:masaki-eiji

ダイハツ 新型トールは2018年も老若男女を問わず、評価が高く人気となっています。

そんな、新型トールのノーマル&カスタム車の外観や内装、燃費についての評判や評価をまとめましたのでお伝えします。

新型トール ノーマル&カスタムの外観への口コミ評判

パっと見は軽自動車のようなトールですが、実際に近づいてみるとデカイんですよね。

それもそのはず、横幅は1.67mもあります。

なので、近くから見ると結構デカイ!と迫力と威圧感を覚えます。

外観のフォルムは男性向きな要素が大きいですね。


ダイハツ 新型 トール 試乗してきました!( ^ ^ )/ 外装・内装・座席フラット

女性が好むような可愛いって感じではなく、キツめの顔つきになってます。

特にフロントグリルは口を閉じたように、ライトの形は釣り目のようにキリっと上に上がってるのが印象的です。

ノーマルでも営業車っぽくはありませんし、、カスタムにすればより男性向けなスタイリッシュな感じとなります。

色はモノトーンと2トーンを用意してくれてますが、2トーンはカスタム専用です。

私はカスタムではなくノーマルなので、ファインブルーマイカメタリックのモノトーンにしてます。

明るい青色とメタリックの青色でとてもキレイなんですよね。

新型トール ノーマル&カスタムの内装への口コミ評判

この価格帯の普通自動車にしてはかなり内装は豪華に感じます。
その中でも便利なのはシートアレンジです。

運転席と助手席を微妙に動かせるので、上手く隙間を作れば後部座席にスっと移動出来るようになってます。


【新型トール カスタム G SAⅡ 】試乗&車両紹介!インテリア&エクステリア(内外装編)撮影

私は男性なのでちょっとキツイですけど、妻は楽々移動してるのですごく便利ですね。

リアシート部分もかなり活用出来るようになってます。
休憩する時はフルフラット、大きな荷物を積む時はダイブイン機構、こういう使い分け出来るのはトールの魅力ですね。

ただネックは後部座席の横スペースの狭さです。

大人一人+子供一人、子供二人とかならものすごく広くてゆったり出来ます。

でも大人三人座るのはちょっとキツイですね。

三人乗るなら、大人一人と子供二人、これぐらいじゃないと全員普通に座ることは出来ません。

シートが三つあるので三人乗れそうかな?と感じてしまいますが、大人三人だと正直無理です。

あと個人的にマイナスなのは運転席のメーターです。

タコメーターまであるのは嬉しいんですけど、中央にあるマルチインフォメーションディスプレイのような、デジタル表示の方が高級感はあったんじゃないかなと残念に感じます。

新型トール ノーマル&カスタムのパノラマモニターへの口コミ評判

トールを運転していて何気に便利だと感じたのは、パノラマモニターです。

ギアをバックに入れるとナビ画面がバック用へと切り替わるのですが、その時トップ&リヤビューを見れるんです。


トール デビュー

トールは車幅は広く、車高も高い箱型の車です。
バック時には後方を目視やミラーだけでは見難いですし、不安に感じます。

でも、トップビュー&リヤビューで見るとすごくわかりやすいんですね。

また、運転席から死角になる左後部メインで見れるモードもあるので、車両感覚を正確に理解してない私でも、ギリギリまで詰めて停められるので重宝してます。

走行中の乗り心地についてですが、振動はあまり感じません。

以前軽ハイトワゴンに乗ってた時は、後部座席が跳ねて乗り心地が悪かったんですよね。
車酔い耐性がない私にはすごくキツかたんです。

でも、トールにそういうのはなく、後部座席に座っててもほとんど振動を感じませんし車酔いもしません。

ほんと家族で乗れる車だなと感じます。

新型トール ノーマル&カスタムの燃費への口コミ評判

ダイハツトールは排気量1.0Lの普通自動車です。
メーカー発表のJC08モードの燃費はターボで21.8km/L(2WD車)、NAモデルで、24.6km/L(2WD車)、22.0km/L(4WD車)となってます。

しかし実際に街中を走るとこんな低燃費では走れないですよね。

私の乗ってるNAモデル(2WD)で平均燃費は13~14km/Lです。

あと、燃費は季節(エアコンを使用)と走り方に大きく左右されます。

排気量1.0LでNAモデルだとパワーは不足がちですし、エアコンをつけると街中の平坦な道路でも体感出来るほどの差を感じます。

エアコンを使わない春・秋、送風(AC/OFF)でも14km/L、暖房をONにする冬場なら燃費は12km/Lほどになります。

しかしエアコンをガンガン掛ける夏場だと11km/Lぐらいの燃費ですね。

車の交通量が少ない時間帯(深夜~未明にかけて)なら燃費は上昇し、16km/L。

ストップ&ゴーの多い日中市街地や高速道路をそれなりの速度で走れば、12km/Lほどになります。

夏場にエアコンを掛けながら日中市街地を走ると、燃費は9km/L前後にまで落ちてしまうので、燃費は悪い方かなと思います。

軽くアクセルを踏むだけでは加速は弱く、周囲の交通の流れにあわせようとアクセルを踏むとどうしても燃費は悪くなってしまうんですよね。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-ダイハツ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.