新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

NBOX vs ウェイクを比較【燃費、価格、室内、外観など】

更新日:


昨年フルモデルチェンジしたホンダの軽トールワゴン「NBOX」は大人気ですが、それ以外のメーカーにも同じようなコンセプトのモデルがあります。

例えばダイハツ「ウェイク」で、2014年に登場して一定の人気があります。

そこでこれらを比較してみたいと思います。

 

NBOX vs ウェイク ボディサイズを比較


NBOXのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mmとなっています。

 

一方のウェイクですが全長3395mm×全幅1475mm×全高1835mmとなっており、ウェイクの方が若干全高が高くなっています。

軽自動車の規格は決まっていますので、どちらもあまり変わりないサイズとなっています。

NBOXの外観

NBOXの外観デザインはフルモデルチェンジ後も旧型のデザインを踏襲しており、一目でNBOXと分かるデザインになっています。

旧型は軽バンに見えなくもありませんでしたが、新型はフロントのデザインが押し出しが強くなっておりスタイリッシュになりました。

またリアのデザインもより立体的になり、若干残っていた軽バンというイメージを払しょくしました。

ウェイクの外観デザイン

一方の、ウェイクは軽バンというイメージはなく、角ばった無骨なデザインが特徴です。

フロントの押し出しは強く車全体に固まり感があり、こちらも一目でウェイクだとわかるデザインです。

NBOX vs ウェイク 室内サイズを比較

NBOXの室内サイズ

NBOXの室内長は2240mmあり、室内高は1400mmとかなり広いのが特徴です。

また助手席は前後に大きく動かすことができますし、リアシートも前後に大きく動かせますので室内はユーザーによってさまざまな使い方が可能になるのが特徴です。

軽自動車ですが乗用車並みの広さを確保しています。

ウェイクの室内サイズ

一方のウェイクですが、室内長は2215mmで室内高は1455mmとなっており、NBOXとあまり変わりませんが、ウェイクの方はフロントシートをNBOXのように大きく前後に動かせませんし、シートアレンジも限られています。

NBOX vs ウェイク エンジンと燃費を比較

NBOXのエンジンと燃費

NBOXは660ccの自然吸気エンジンとターボエンジンを設定していますが、自然吸気で燃費はリッターあたり27.0km、ターボエンジンで25.6kmとなっています。

ウェイクのエンジンと燃費

一方、ウェイクにも自然吸気とターボエンジンが設定されていますが、自然吸気エンジンでリッターあたり25.4km、ターボエンジンで23.8kmとなっています。

NBOXは新型ですのでその分低燃費を実現しているのだと思われます。

NBOX vs ウェイク 価格を比較

NBOXの価格

肝心の価格ですが、NBOXの自然吸気エンジンの前輪駆動で約139~160万円、4WDで約152~173万円です。

またターボモデルは前輪駆動で約170~175万円、4WDで183~188万円となっています。

ウェイクの価格

一方のウェイクですが、自然吸気の前輪駆動モデルで135~約160万円、4WDで約168~172万円となっています。

またターボモデルは前輪駆動で約167~172万円、4WDで約180~184万円となっています。

両車を比べてみると大体同じ価格設定になっていると思われます。

NBOX vs ウェイク 比較まとめ

以上、NBOXとウェイクを比べてみましたが、NBOXは新型ですので燃費性能は良くなっていますし、シートアレンジなども良くなっているのが特徴です。

NBOXは大変人気があり、このクラスではブランド力がありますので、NBOXを乗り継いでいる人も多そうです。

一方のウェイクは搭乗して4年以上たっているモデルですのでNBOXに比べると古くなってきてはいますが、デザインは斬新で今も目立った存在です。

しかし、両車とも価格は軽自動車としてはかなり高価格に設定されており、ターボモデルだと乗り出し価格で軽く200万円を超えます。

ヴィッツやフィットが余裕で購入できる価格帯ですので、税金が若干高いのが問題ないという人はNBOXやウェイクに加えて、ヴィッツやフィットなどのコンパクトカーを検討して見るのも良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA, ダイハツ
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.