新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型スイフト スポーツ vs 新型フィット RS 比較 【どっちが楽しいクルマ?】

更新日:


日本車の代表的なコンパクトカーのスポーティーモデルというと、スズキの新型スイフト スポーツとホンダの新型フィット RSでしょう。

両車ともハイブリッドではなくガソリンエンジンを搭載し、マニュアルトランスミッションも用意されていることから車好きからも高い人気を得ています。

今回はスイフトスポーツとフィットRSを比較したいと思います。

 

新型スイフトスポーツはコンパクトカークラス以上の走りを実現!


【動画】スズキ 2017 新型スイフトスポーツ 6MT ワインディング試乗インプレッション

新型スイフト スポーツは、2017年9月に販売が開始された4代目となるモデルです。

大きな特徴としては、先代モデルまでの1600cc直列4気筒の自然吸気エンジンから、ダウンサイジングされた1400cc直列4気筒直噴ターボエンジンへと変わった点が挙げられます。

排気量は低下しましたが、先代モデルよりも最高出力・最大トルク共に向上している上に70kgもの軽量化を実現しているので、コンパクトカークラス以上の走りを実現しています。

また、ノーマル仕様のスイフトと比べて前後フェンダーを拡幅したことで、日本仕様車のスイフトとして初めての3ナンバー車となった点も大きな特徴です。

新型フィットRSの概要


【試乗動画】新型フィットRS  めちゃくちゃいいじゃんこの車!取材シリーズ!

2017年6月にマイナーチェンジが実施され、安全運転支援システムであるホンダ センシングが標準装備されました。

フィットRSにはノーマルグレードと比較すると、専用のリアスポイラーやオレンジのラインが入ったフロントバンパー、RSのエンブレムが外観上の特徴となっています。

中古車の比較はこちらから↓

新型スイフト スポーツ vs 新型フィット RS 動力性能の比較

新型スイフトスポーツのエンジンは前述したように、1400cc直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載しており、スイフトスポーツ専用にチューニングされたことで、最高出力140馬力・最大トルク230Nmを誇ります。

それに対して新型フィットRSは最高出力132馬力・最大トルク155Nmの1500cc直列4気筒自然吸気エンジンを搭載しています。

エンジンは基本的にフィットのノーマルグレードと共通となっていますが、スポーティーグレードならではの特別感は薄いです。

最大トルクはスイフトスポーツのほうが大幅に上回っていますので、パワフルな走りを楽しみたいと考えているならスイフトスポーツの方が満足度は高いと思います。

先ほど紹介した、両者の試乗動画で、走りの比較ができると思います。

新型スイフト スポーツ vs 新型フィット RS 快適性の比較

このクラスのコンパクトカーを購入する方の多くは家族での使用を前提としており、スポーティーグレードとはいえ快適性を無視することは出来ません。

新型スイフトスポーツはベースグレードと比較して足回りが引き締められた事により、少し硬くなってはいますが不快感を感じる程ではありません。

また、使い勝手の面に関しても基本的にノーマルグレードと同様の使い勝手の良さを実現しています。

 

それに対して、新型フィットRSはコンパクトカークラスの中でも群を抜いて室内空間が広く、積載性にも優れたフィットがベースとなっています。

足回りも走行安定性を狙った味付けがされていることから、何よりもスポーツ性能を高さを重視するなら新型スイフトスポーツ、多目的に使えて楽しく走れる車となると新型フィットRSになると思います。

新型スイフトスポーツと新型フィットRSは両車ともにベースとなっている車の素性が優れているので、動力性能や走行性能を強化しているといっても、車としてのバランスを崩すことなく、楽しく走れる車に仕上がっていると言えるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA, スズキ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.