新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型スペーシア vs フィットを比較【試乗動画あり!】

更新日:



スズキの新型スペーシアはワンボックスに分類される車で、全高が高く、後席ドアがスライドドアになっている軽自動車です。

一方、ホンダのフィットはコンパクトカーに分類される車で、後席ドアはスイング式のドアとなっています。

フィットはスペーシアと比べて背が低くなってはいますが、全長が長く、全幅は広くなっており、5ナンバーの登録車となっています。

そのためスペーシアよりは税金が高くなっています。

 

新型スペーシア vs フィット 外観スタイルを比較

 

新型スペーシアの外観


新型スペーシアには、丸みを帯びたヘッドライトで親しみやすいデザインのノーマル車

そして、シャープなデザインが特徴のヘッドライトと、大きなメッキグリルを装備するダイナミックなカスタム系

 

この異なるノーマル系とカスタム系の2スタイルとなっており、

ノーマル系のボデイカラーは10色、白の屋根ツートンカラー2種、黒の屋根ツートンカラー2種)となっています。

カスタム系はボディカラー9色と黒の屋根によるツートンカラー5種です。

フィットの外観

一方、フィットの外観はノーマル系と、スポーティなグレードのRS系の2種類があります。

この2種類の違いはバンパーとフォグライト、リアスポイラーのデザインの差があり、新型スペーシアほどの外観の差はありません。

ボデイカラーは全12色で、そのうち1色のみRSというグレードの専用色となっていて、ツートンカラーの設定はありません。

新型スペーシア VS フィット 試乗動画を比較

新型スペーシアの試乗動画


スズキ 2017/12 新型スペーシア HYBRID X 試乗インプレッション(市街地)

 


新型スペーシアカスタム試乗第二弾! 徹底解説ワインディング編

フィットの試乗動画


【 新型フィット HYBRID 】試乗&車両紹介してみた!

 

中古車の比較はこちらから↓

新型スペーシア  vs フィット エンジン周りを比較

新型スペーシアの場合


新型スペーシアは軽自動車なので、全タイプで660ccのエンジンを搭載しており、簡易的なシステムのマイルドハイブリッドを採用しています。

燃費は30.0km/l~24.0km/lの低燃費となっています。

エンジン出力は52馬力のものと、64馬力のターボエンジンが用意されていて、変速機はすべて無段変速機(CVT)となっています。

なお、前輪駆動(2WD)と四輪駆動(4WD)が用意されています。

フィットの場合

一方、フィットは100馬力の1.3リッターエンジン、132馬力の1.5リッターエンジン、システム最高出力137馬力の1.5リッターハイブリッドの3種類のエンジンが設定されています。

燃費は37.2km/lから19.2km/lでハイブリッドが最も優れており、タイプにより大きく異なっています。

変速機はハイブリッドがDCDと呼ばれる自動変速機、ガソリン車には無段変速機と5速、6速マニュアルが用意されています。

新型スペーシア vs フィット インテリアを比較

新型スペーシアのインテリア


新型スペーシアは全高が高いため、広々としたインテリアとなっており、後席もスライドとリクライニングが可能となっています。

シート生地はノーマルが一種類、カスタムが二種類です。

フィットのインテリア

フィットはスペーシアほどの室内の高さはありませんが、広いインテリアとなっています。

後席シートのリクライニングが可能で、フィットのグレードによってはスペーシアには設定されていない、センターアームレストが装備されています。

シート生地は6種用意されています。

フィット、スペーシアともに、後席を格納して荷室を広く使うことが可能です。

新型スペーシア vs フィット 価格を比較

新型スペーシアとフィットの価格は次のようになっています。

新型スペーシア
1,274,400円~1,589,760円

新型スペーシアカスタム
1,517,400円~1,908,360円

フィット
1,653,480円~2,367,360円

軽自動車のスペーシアと、小型自動車のフィットで比較をしましたがいかがでしたか?

自動車税のこともありますので、どちらの車を選べばいいのか難しいと思います。

でも結局は、外観スタイルが気に入ったクルマではないでしょうか。

いくら、燃費がわるくても、評判が悪くても、自分が「カッコいい!かわいい!」と思った車を買っちゃうんですよね。。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA, スズキ
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.