新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【スクープ動画あり】新型ジムニー フルモデルチェンジ後の 変更予想【価格、エンジンスペック、燃費などは?】

更新日:


上の画像はジムニーシエラ

国土の70%近くを山林が占める日本、レジャーで自然を楽しむ人や仕事で土木関係の方にとても重宝されている車があります、それはスズキジムニー

この度、約20年振りとなるフルモデルチェンジを行うとの報道がなされました。日本全国に大変ファンの多いこの車、今回はそんなスズキ新型ジムニーの最新情報をご紹介しましょう!



スズキ ジムニーはこんな車!

画像は初代ジムニー

ジムニーは、スズキが1970年より発売している軽自動車のオフロード四輪駆動車クロスカントリー4WDです。

この車の最大の特徴・売りといえばやはり「本格的なオフロード性能」に尽きます。

オフロードとは未舗装道路のことです。山道、林道、雪道、川、泥、砂地、急傾斜路などのことを指します。

特に山林が多く、四季がある日本では、レジャーや仕事で重宝する方が非常に多く、愛くるしいデザインから市街地などのオンロードで乗っても、全く違和感はない為日常の足として使用している方もたくさんいます。

 

また軽自動車の為、税金や燃費面でも優遇されているのもここまで人気が出た理由といえます。

 

新型ジムニーのフルモデルチェンジ後の燃費などの変更点は?


さて、そんな長い歴史を持つジムニー、今回のフルモデルチェンジで一体どんな点が変更になるのでしょうか?



エンジンについて

まず肝心のエンジンについては、スズキのハイブリッドシステム「Sエネチャージ」と660cc直列3気筒ターボの組み合わせになると予想されています。

 

現行ジムニーの燃費が1リッター15kmほど、他の軽自動車と比較すると実はこの数値はさほど良い数値とは言えない為、激しい軽の燃費合戦に対抗できるよう燃費の向上を図る意図があるのではないでしょうか。

また車体構造では新開発のラダーフレーム構造が採用されると予想されます。

ラダーフレームとは車業界では長くから耐久性や頑丈性が求められる車に採用される構造で、文字通りフレームが「ラダー=はしご」のような形をしていて、伝統的にこのジムニーにも採用されています。その分重量があるため、軽量化が図られた新型のフレームの搭載が予想されます。



安全装備について

最後に安全装備ですが、新型ジムニーはこの安全装備に多くの新機能がつくのではと予想されています。

特に言われているのが衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」。

前方に障害物があった場合の衝突警報や自動ブレーキがそのメイン機能となりますが、本来山や自然の中ではそれほど登場場面が少ない機能なのですが、これは街中での使用や高齢者の運転の増加など時代の変化に合わせた追加機能といえます。

気になる価格や、発表はいつ?

さて新型ジムニーについて販売元であるスズキの公式発表、実はこの公式発表を「2017年9月の東京モーターショー」で行われるのでは!?というのが車業界関係者の予想だったのですが、残念ながら今回のモータショーでは発表されませんでした。

恐らくこの年度末、2017年12月中に発表されるのではというのが現在の関係者の声です。

また、車両価格はおおよそ135万円〜170万円ほどになると予想されています。

ちなみに新型ジムニー、海外でその走行テストが行われ、走行時のテスト車両の画像や動画がネット内で流出しており、見ることができます。フルモデルチェンジとなり特にフロント(正面)がガラッと変わった印象があります。

新型ジムニーのテスト走行時のYouTube動画がこれ!


販売の開始は2018年5月と予想されていますが、スズキには近年爆発的に売れた同じく人気軽自動車「ハスラー」があります。

ちなみにハスラーもジムニーほどのオフロード性能はないにせよ、アウトドアや自然の中に出かける人を視野に入れ作られた車です。

個人的にはこのハスラーとデザイン面・機能面でどういう風に差別化を図ってくるのかが気になるところです。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-スズキ
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.