新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型フィットが2020年2月フルモデルチェンジ!【エンジンやエクステリアは?】


2020年2月に発売が予定されているホンダの新型フィット

新しいハイブリッドシステムを搭載するなど魅力的な要素が詰まったコンパクトカーとなっているようだ。

そんな新型フィットを紹介し、期待できることをまとめてみた。

フィットの基本情報

まず、フィットについての基本的な情報を一応まとめておこう。

フィットはホンダの人気コンパクトカーで、街乗りの買い物からちょっとした旅行までこなし、日本においてちょうど良い車と言って過言ではない。

しかし、最近は他社のコンパクトカーの健闘もあり、やや売れ行きは減少しているのも事実。

そんなフィットがこの度フルモデルチェンジし、4代目フィットとなって発売予定だ。最近は少し勢いがなかったフィットだが、新型には注目すべきポイントがたくさんあり、期待したいところだ。

新型フィットのエクステリア(フルモデルチェンジ後)

最初のポイントは、曲線を基調としたユニークで可愛らしい外観だ。

現行型である3代目フィットは直線を基調とした鋭さのある都会的なデザインだったが、コンパクトカーは普段使いがメインということを考えると尖ったデザインが、フィットの購買層にはやや不評で購入意欲の低下に繋がっていたと考えられる。

そこで、新型は丸みのある優しい雰囲気に一新したということだ。

ただし、だからと言って「守り」のデザインでは決してない。

丸みのある柔らかい雰囲気にしつつも既存の車とは違うユニークさをアピールする格好にうまく仕上げている。また、デザインで改良されるのは見た目だけではない。

Aピラーが細く仕上げられており、これは運転者の死角を減らすことに大きく貢献すると考えられる。

些細なことのように思われるかもしれないが、小さいことの積み重ねで運転者のストレスは大きく変わってくるのが車の運転だ。この機能的な改良点を私は大きく評価したい。

新型フィットのエンジン(フルモデルチェンジ後)

新型フィットの二つ目のポイントは、フルモデルチェンジで新しいハイブリッドシステムを搭載するということ。

まだ詳細については発表されていないが、システムの名前は「e:HEV」という2モーターハイブリッドシステムであるとのこと。

公表されているパワーは80kW、トルクは250Nm以上とコンパクトカーにとって必要十分なスペックとなるようである。

試乗者の感想を見てみると、モーターのレスポンスはよくパワフルで、加速したいタイミングでダイレクトに加速感を感じることができるようである。

また、エンジン始動やEVモードへ移行する際はとてもシームレスにショックもない様子。

これは非常にストレスのない爽快な走りが楽しめるハイブリッドシステムであると大いに期待ができる。

新型フィットのグレードラインナップ(フルモデルチェンジ後)

新型フィットの3つ目のポイントは、ラインナップ(グレード)の豊富さである。

これまでもフィットは装備の違いで多くのグレードが設定されてきた。

新型フィットのグレードは5種類。

・ナチュラルな質感とリッラクスできる空間を意識した「ホーム」

・大径サイズのタイヤが特徴的なクロスオーバー的な雰囲気漂う「クロスター」

・クロームメッキや本革シートなど上級志向の「リュクス」、アクティブでスポーツカジュアルチックな「ネス」

・それにベースグレードの「ベーシック」を加えた5つだ。個人的には、どことなく欧州車のような雰囲気が漂う落ち着いた「ホーム」が気になるところである。

まとめ

さて、新型フィットに期待できるポイントを3つ紹介したわけだが、その他にもたくさん改良点があり、注目の車種になること間違いなし。

新型フィットはコンパクトカーのあり方について、とても自然体のスタイルを提案しているように感じられる。

つまり、いつもストレスなく安全に気軽に使えて、それでいて必要十分なパフォーマンスを常に発揮する。

もちろん経済性もないがしろにはしていない。

そんな4代目となる新型フィット、次の候補に加えてみても良いのではないだろうか。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.