新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

フォルクスワーゲン「新型アルテオン」の価格は割安感たっぷり!【全高の低い車が人気?】

更新日:


それでは、最近発売されたフォルクスワーゲンの「アルテオン」の装備などについて見ていきましょう。

フォルクスワーゲン「アルテオン」のスペック

最近、フォルクスワーゲンも「アルテオン」を投入し、日本でも販売されました。

フォルクスワーゲンアルテオンは全長4865mm全幅1875mm全高1435mmとフォルクスワーゲンとしては結構大きなボディサイズとなっており、排気量は直4・2リッターターボエンジンで280馬力を発生します。

また駆動方式は4WDでトランスミッションは、ツインクラッチ式の7速DSGを採用していますので、走りを重視したモデルであることが分かります。

フォルクスワーゲンはすべてのモデルが横置きエンジンで前輪駆動を採用していますが、一般的な高級車は縦置きエンジン後輪駆動を採用しています。

横置きエンジンで前輪駆動のタイプは車の運動性能という意味では若干劣りますが、フォルクスワーゲンは4WDを採用することによってこの弱点を克服しています。

またターボエンジンを採用しているため280馬力という高性能な車ですので、ドライブをとても楽しむことができるのが特徴で、メルセデスやBMWなどから乗り換えてもあまり違和感がないと思います。



新型アルテオン公式動画


Volkswagen Arteon: Hans-Joachim Stuck testet den Gran Turismo


Der Volkswagen Arteon | The Volkswagen Arteon
新型アルテオンのデッサン作業です。




中古車の比較はこちらから↓

新型アルテオンは装備も充実

Photo:R-Line 4MOTION Advance 

アルテオンは装備も比較的充実しています。

アルテオンには「R-rine」と「R-rine Advance」という2つのグレードが設定されていますが、両方ともに本革シートが標準で装備されていて、衝突安全装置も標準で装備されています。

前方の車に追随して走行できるクルーズコントロールや、車線を逸脱しそうになると警告を出してくれる装備なども装着されています。

またAdvanceには最近の高級車に増えてきている、液晶のスピードメーターが装備されています。

Photo:R-Line 4MOTION Advance

そして、アルテオンはトランクが広いのが特徴です。

ハッチはリアガラスまで空きますので大きな荷物を出し入れしやすく、セダンよりも大きな荷物を積むことができますので、ステーションワゴンに負けないくらいの荷物を積めます。



ドイツの自動車メーカー販売事情

Photo:R-Line 4MOTION Advance

近年ドイツの自動車メーカーは通常のセダンよりも、少し全高の低いクーペ型のモデルをたくさん販売しており人気です。

メルセデスベンツはCLAを販売し、BMWは4シリーズや6シリーズ、アウディはA5やA7などを販売していており、普通のセダンには飽きたという人などに受け入れられています。

5ドアクーペは全高が低いため、後席の天井が低く居住性が犠牲にされていますが、前席の居住性には全く問題ないので主に2人で車を使う人に人気のようです。



価格は少し割安に設定されているアルテオン

Photo:R-Line 4MOTION Advance

アルテオンの具体的なライバルはアウディA5になりますが、アウディは縦置きエンジンのクワトロで凝った造りになっており高級ブランドという特徴がある一方、フォルクスワーゲンはドイツでも大衆車のブランドと認知されていますのでこの点は異なります。

アウディA5は2リッターの前輪駆動モデルで約550万円から、クワトロの最上級モデルで約760万円です。

一方、アルテオンはR-Lineで約550万円、R-Line Advenceで約600万円となっています。





アウディは革シートなどはオプション設定となっており、いろいろな装備を装着するとどんどん価格が上昇していきますが、アルテオンはほとんどの装備が標準で装備されていて、割安感があります。

より高級な乗り味やブランドに乗っているという満足感を味わいたいなら、A5の方が良いかもしれませんが、アルテオンでもスポーティなドライビングを楽しめます。

気になる人は乗り比べてみてはいかがでしょう。

またそのほかにBMWの4シリーズなども、乗り比べてみると楽しいでしょうね。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-フォルクスワーゲン

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.