新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ハイブリッドカーの代名詞「プリウス」を超えた「MIRAI」の凄さとは?!

更新日:

ハイブリッドカー時代真っただ中!


近頃は、ガソリン車も精度が上がり、低燃費で排ガスも少ないエコな車が多くなりました。

ハイブリッド車など、エンジンとモーター両方で走るものもかなり多くなり、ますます低燃費で、エコな車がでできています。

プリウスなど、ハイブリッド車が人気になる前は、アメリカの車会社「フォード」、「GM」、「クライスラー」通称ビッグ3が世界でも車の販売台数としてはトップでした。




【関連記事】
新型リーフのおすすめ オプションパーツ 4選 2018年

プリウス vs リーフを比較【燃費、価格、室内、外観など】

環境問題の変化で注目されたTOYOTAプリウス

しかし、環境の問題、co2の削減、地球温暖化、など環境問題が注目される中、高排気量、高燃費のビッグ3は見る見る間に衰退して、トヨタに販売台数トップの座を明け渡したのです。

そこで注目されたのがTOYOTA プリウスです。ガソリンとモーターの2つの面で動き、走る場面によって、ガソリンとモーターを使い分けます。

 

リッター40kmほどの燃費を実現し、さらにco2の排出も抑えた、地球に優しく、走れる車は世界中から支持されて、日本だけにはとどまらず、あれだけビッグ3を愛したアメリカでもプリウスは賞賛されています。

有名な話ですが、ハリウッドスターのレオナルドディカプリオも、一時プリウスに乗っていたほどでした。

プリウスの凄さ

自分の体験ですが、今まで帰省でレンタカーを借りていました。
N車の商用車で、荷物が乗せられて、安かったから、いつも同じものを借りていました。

ある時、帰省しようと思って借りましたが、借りる日直前で、「その車が事故をしたので車を違う車種に変えて欲しい。」という要望がありました。

それは、プリウスかマーチ。

迷うことなくプリウスを借りました。

一度乗ってみたかったのと、レンタカー代が普通にな借りたら高いのを、商用車を借りる値段でいいというので、プリウスにしました。

帰省するのは、福島と群馬。妻の実家と自分の実家二箇所です。

商用車の場合、福島に行って一回給油、福島でそこそこ乗って群馬に移動。群馬で一回給油。東京に帰る。返す前に一回給油というかんじで計3回給油でした。

プリウスを借りた時は、福島ではまだ大丈夫、群馬に移動してもまだ大丈夫。そのまま東京に移動して返す前に給油。

というかんじで、給油一回で済むという凄さを感じてプリウスにまた乗りたいけど、レンタカーでもなかなか借りるのが困難なくらい人気です。

しばらくプリウスが最強と思っていた矢先、話にはきいていたけど水素ガスで走る車がトヨタで発売された。ということで、いろいろ調べてみました。それが、MIRAIです。




MIRAIの凄さ

MIRAIの凄いところは、水素が燃料ではなく、水素をを利用した燃料電池を使うため、co2の排出もゼロ。しかも水素ガスのチャージも、約3分で満タンというスピードチャージ。

電気自動車も最近増えてきて。電気スタンドなども増えてきたようですが、フル充電で約30分ということは。十分の一のスピードでチャージできるというところが凄いところです。

また、一回のチャージで走行距離650kmと、ガソリン車並みの走行距離があるのが魅力です。

電気自動車のリーフでも、一回の充電で走る走行距離は280kmとされているので、MIRAIはその倍以上走る計算になります。

簡単にいうと、これがMIRAIの特徴です。これだけ聞くだけでも乗ってみたいような気がしますが、デメリットもあります。

ガソリンスタンドはたくさんありますが、水素スタンドはあまり数がないという事。

まだ水素を利用した車が少ないという事で、台数に比例している所もありますが、今後の動きによっては、水素スタンドも増え、水素を燃料とする車が普及するかもしれないので、今後に期待です。

まとめ

今は、自動運転車の開発も進められていますが、できれば自分の力で運転できて、エコで走れる水素を使ったMIRAIのような車を期待したいです。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.