新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

シトロエン C4ピカソ ディーゼルは本当に?!家族にぴったりな刺激的な車なの?

更新日:


私が今注目している車は、フランスの車メーカー「シトロエン」が作る「C4 ピカソ」という車です。

車体は日本のホンダ フィットや日産 ノートよりやや大きいサイズの5人乗りの車です。

それではシトロエン C4 ピカソ ディーゼルは、家族にぴったりな刺激的な車なのかをお話します。



【関連記事】
シトロエン C4ピカソ ディーゼルは本当に?!家族にぴったりな刺激的な車なの?

C4ピカソの後部座席は大人5人がしっかり座れる


日本車で5人乗りの車に乗った時、後部座席に大人3人が並んで座る状況で窮屈な思いをしたことがありませんか?

 

実は5人乗りと設定している車でも、実際のところ後部座席の3人席は2.5人分ぐらいで作ってある車が結構あります。

 

しかし、C4ピカソは違います。後部座席の3席は全て独立式のシートで、横幅も大人がしっかり3人座れるよう設計されています。

 

家族の場合、後部座席はお子様になるケースが多いかと思いますが、お子様であれば充分すぎるほど広いスペースをC4ピカソは確保でき、長時間運転でも窮屈な思いをすることはないでしょう。




C4ピカソは日本向けにもディーゼル車が用意されている

C4ピカソ ディーゼル仕様車は日本向けにも用意されています。

ディーゼル車とはガソリン車とは違い軽油で走る車のことです。

 

ガソリンスタンドへ行くと看板で大きく燃料の値段が表示されていると思いますが、軽油はなんと言ってもガソリンよりも大分安いのです。

 

ちなみにレギュラーガソリンは1リッター122円ですが軽油はなんと95円(今現在)。

 

これは本当にお父さんには助かります。日本ではディーゼル車が出す排ガスが環境や人体にとって害で、特に東京都による規制や取り組みにより「ディーゼル車=悪」というイメージが日本全体に広がりました。

 

その影響で国産車メーカーも次々とディーゼル車の生産をストップしましたが、現在はディーゼル用エンジンも高機能なものへと進化し、クリーンで低燃費、お財布にも優しいという事で再度ディーゼル車が普及し始めています。

 

燃費も良くなれば、遠出が本当に楽しくなりますよね。

車内後方はフルフラットに、助手席には足元サポートも


C4ピカソの後部座席の3席を倒すとトランクから後部座席までがフルフラット(水平)になり、本当に大きなスペースが生まれます。

 

もちろんここに荷物を積むのも良いですが、私の個人的なおすすめは仮眠や車中泊としても充分に使えるという点です。

 

お子様であれば2名はしっかり横になって寝れます。またこれはオプションではありますが、助手席のボタンを押すと助手席の下から、ちょうどふくらはぎ辺りを支えるシートが電動で現れます。

その上に座れば体全体が包まれ、助手席もまるで一つのベッドのようになるのです。ちょっと仮眠したい時や夏のキャンプなどには最高の車です。



天井には満点の星空?


私が思うに、これこそがC4ピカソの最大の特徴と言えます。

C4ピカソにはとても大きなサンルーフが付いています。サンルーフとは車の天井部分も窓になっている構造のことで、空の景色が乗車中も楽しめます。

また他のサンルーフ車と一味違うのが、C4ピカソはフロントガラスも通常の車よりもかなり大きく切り取られていて、イメージ的には天井に向かってとても大きく開いています。

 

なので、まるで車の正面から真上そして後方と、オープンカーに乗っているかのような錯覚に陥ります。

車内に乗車していながらこれほどの開放感を、味わうことができる車は他にはないでしょう。

C4ピカソのお値段は国産よりはかなり高め


シトロエンC4 ピカソは新車のディーゼルモデルが372万円(税込)、ガソリン車が347万円(税込)となっています。

 

同じサイズの国産車と比べると1.5倍ほど高いかもしれません。しかし、上記で紹介した機能や基本的には内装や外装ともに高級仕様の車なので、自然の中はもちろん都会の中でちょっと偉い人を送迎したりと、全ての景色や状況に対応できる車です。

是非興味がある人は、自然でも都会でも長く使い倒して頂きたい一台です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-シトロエン

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.