新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

アルトワークス vs スイフトスポーツを比較【燃費、価格、室内、外観など】

更新日:


自動車でお馴染のスズキには、低価格でありながら本格的なスポーツ走行が楽しめる車種が多く、車好きから人気を集めています。

その中でも代表的な車種といえるのが、Bセグメントの「スイフトスポーツ」と、軽自動車の「アルトワークス」です。

スイフトスポーツは万能性の高いGTハッチとして、そしてアルトワークスは走りの楽しさを追求した軽ホットハッチとして、いずれも人気を集めている車種です。

そこで今回は、スズキが誇るアルトワークスとスイフトスポーツの比較についてご紹介したいと思います。

 

アルトワークス vs スイフトスポーツ ボディーサイズを比較

 

アルトワークス スイフトスポーツ
全長 3,395mm 3,890mm
全幅 1,475mm 1,735mm
全高 1,500mm 1,500mm
ホイールベース 2,460mm 2,450mm

全高に関しては両車同じながらも、軽自動車であるアルトワークスの方が全長は595mm短く、全幅は260mm狭くなっています。

しかしながら、ホイールベースはアルトワークスの方が10mm長くなっており、これにより車内空間の確保にも繋がる事からも見逃せません。

アルトワークス vs スイフトスポーツ 外観を比較

アルトワークスの外観

アルトワークスの特徴としては、フロントグリルにWORKS仕様のカーボン調専用エンブレムと、リアにも同様に赤いエンブレムが装備されています。

サイドにはWORKS専用のデカールが、そしてブラック塗装が施されたアルミホイールの装着により、一目でアルトワークスとわかるデザインです。

まさしく走りを追求した外観になっています。

スイフトスポーツの外観

一方、スイフトスポーツでは大きく口の開いた台形デザインのグリルが特徴的です。

さらには、ブラック塗装されたフロントスポイラーやサイドスカート、さらには迫力のあるデザインとなった17インチの大口径ホイールや、大口径のマフラーが左右1本ずつ配置されるなど、かなりのスポーティーな印象がうかがえます。

アルトワークス vs スイフトスポーツ メーター類を比較

スイフトスポーツのメーター類

スイフトスポーツのメーター類はスピードメーターとタコメーターが同じ大きさで、視認性は抜群です。

最近の車はメーターに凝っていて逆に見にくいケースもありますが、スイフトスポーツはそうしたことはありません。

アルトワークスのメーター類

一方、アルトワークスはスピードメーターは大きく見やすいですが、タコメーターは小さく若干見にくくなっています。

しかし、最近の軽自動車でタコメーターを装着しているケースは少ないので、これで十分だと思います。

スイフトスポーツ vs アルトワークスのコントロール性を比較

スイフトスポーツのコントロール性

スイフトスポーツはスイフトのホットハッチとして歴史のあるモデルです。

日本ではあまり人気がありませんが、ヨーロッパでは人気のモデルでブランド力を確立しています。

スイフトスポーツはフォルクスワーゲンのポロGTIなどと比較されるほどの性能がありますので、コントロール性能はかなり優れています。

あまり運転が上手ではないというドライバーはもちろん、それなりに腕が立つドライバーでも楽しむことができます。

アルトワークスのコントロール性

一方、アルトワークスは軽自動車ですので、スイフトスポーツとひと味違うハンドリング性能があります。

車重が軽いためとてもコントロールしやすいのが特徴で、初心者でも楽しく乗ることができます。

このためマニュアル車の練習車としては理想的なモデルと言えます。

スイフトスポーツ vs アルトワークスのシフトフィーリングを比較

スイフトスポーツのシフトフィーリング

スイフトスポーツのシフトフィーリングはこのクラスにしてはかなり良好で、シフトやクラッチペダルの重さは適度な重さです。

シフトは軽いけれどクラッチは重いとか、その逆の車を運転すると違和感がありますが、スイフトスポーツはそうした印象はなく、よく考えられてセッティングされている印象があります。

アルトワークスのシフトフィーリング

一方、アルトワークスはスイフトスポーツよりも、がっしりとしたシフトフィールです。

スイフトスポーツほどの上質感はありませんが、こうした感触の方が好きという人も結構たくさんいると思います。

また、アルトワークスは1~4速がクロスしており、5速が離れているのが特徴です。

このため1~4速では結構忙しくシフトチェンジが必要で、ちょっと面倒と感じる人もたくさんいますが、シフトチェンジをするのが楽しいと感じる人にはこの面倒さが心地いいでしょうね。

アルトワークス vs スイフトスポーツ  エンジンと燃費を比較

アルトワークスのエンジン

アルトワークスに搭載されているエンジンは、R06A型ツインカムターボエンジンをベースにWORKS専用のチューニングが施されています。

そして、最高出力は47kW(64ps)/6,000rpmで最大トルクは100Nm(10.2kgm)/3,000rpmとなり、いずれも低回転高トルク型となります。

なお、低速時においても高レスポンスな加速を実現するターボチャージャーにより、パワーとトルクを兼ね備えたセッティングが加えられていますので、加速時のレスポンス向上により、スポーティーな走行を実現しています。

スイフトスポーツのエンジン

スイフトスポーツにおいては、1.4L直噴ターボエンジンを搭載しており、最高出力は103kW(140ps)/5,500rpm、最大トルクは230Nm(23.4kgm)/2,500-3,500rpmとなっています。

低回転域からでも高いトルクを発揮する事ができるために、いつでも力強いパワーを実感する事ができます。

アルトワークス vs スイフトスポーツ エンジン音を比較

スイフトスポーツのエンジン音

スイフトスポーツのエンジン音は4気筒なのでとても静かとは言えませんが、それなりに静かな印象です。

特に一般道を走行している限りは、スポーツモデルですが音がやかましくてドライブが苦痛だという人はあまりいないと思います。

一方、回転をあげたりすると結構大きな音が入ってきますが、不快な音ではありません。

アルトワークスのエンジン音


一方、アルトワークスの方はすぐにエンジン回転数が上昇しますので結構やかましいと思います。

しかも、3気筒エンジンですので、高回転まで回ると同乗者は嫌がることもあると思います。

これが軽自動車の宿命でもあるのである意味仕方がないことです。

両車の燃費

なお、燃費についてはJC08モードで、アルトワークス2WD・5MTで23.0km/L、スイフトスポーツでは6MTで16.4km/Lとなっています。

アルトワークス vs スイフトスポーツ  気になる価格を比較

アルトワークスの価格は、2WD・5MTで1,509,840円となり、4WD・5MTで1,617,840円となっています。

一方、スイフトスポーツでは、MTタイプで1,836,000円となり、最も高いセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車で、2,050,920円となっています。

最後に気になる!?女子受けについて

スイフトスポーツの女子受けは?

スイフトスポーツの女子受けはそこそこ良いと思われます。

通常のモデルとデザインはあまり変わっていませんし、嫌みのないデザインです。

また乗り心地も悪くありません。

アルトワークスの女子受けは?

一方、アルトワークスは好みが分かれると思います。

元々のデザインがレトロ調で好き嫌いが分かれますし、車内音も結構やかましいので嫌がる女性もたくさんいると思われます。

比較まとめ

この様に、アルトワークスとスイフトスポーツについて比較してみましたが、アルトワークスにおいては、快適性を求めるというよりは、やはりストイックな走りの楽しさを追求している方に向いている、そんな車種になります。

一方で、スイフトスポーツにおいては、「快適性を確保しながら」、「走りの楽しさを体感できる」、万能性の高い車種といえます。

価格を抑えながらも、ワインディングやミニサーキットなど楽しみたいのであれば、迷うことなくアルトワークス、あくまで快適な走りを楽しみたいと考える方には、コストパフォーマンスに優れたスイフトスポーツがおすすめといえます。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スズキ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.