新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【超初心者編!】自動車保険の賢い選び方について

更新日:


検代や整備費用、さらには毎年必ず収めなければいけない自動車税など、車を所有するためには様々な維持費が必要になってきます。

実際に1年間に掛かる車の維持費は100万円以上、なんてケースも珍しい事ではありません。

そんな維持費の中でも、最もお金が掛かるといわれているものが、自動車保険に掛かる年間の保険料です。

加入条件によっては、20万円から中には30万円以上も必要になってしまう場合もあるくらいです。

さらには多くは掛け捨てとなっている事からも、自動車保険はできるだけ節約したい、と考える方は多いと思います。

そこで、知って納得の超初心者編】自動車保険の賢い選び方について、ご紹介したいと思います。

自動車保険の販売形態について

自動車保険といえば、保険会社の担当者と詳細な打ち合わせを行い、契約する対面(代理店)型の自動車保険をイメージする方は多いと思います。

一方で、ここ数年の間に急成長を遂げているのが、ダイレクト型(通販型)の自動車保険です。

テレビコマーシャルやインターネット広告などで見かけた事のある方は多いのではないでしょうか。

対面(代理店)型の自動車保険では、店舗の担当者と対面で、保険に関する相談を行う事ができます。

色々とアドバイスを受けながら、補償内容を検討できますので、サポート力に長けています。

一方、ダイレクト型(通販型)の自動車保険では、インターネットや電話申込みが基本となりますので、わざわざ店舗に足を運ぶ必要がありません。

また、補償等については電話やメールでのやり取りを中心に、専門のオペレーターと決めていく事になります。

店舗をもたない事から、経費の削減が可能となり、その分保険料が安い特徴があります。

対面(代理店)型の自動車保険が向いている人

補償内容を決める際に、経験豊富な担当者の現実的なアドバイスを受ける事ができるといった安心感があります。

 

・保険の事が良くわからない方

・万が一のトラブル時のサポート体制が気になる方

・面倒な手続きは苦手という方

 

といった超初心者の人におすすめです。

また、料金に関しては補償内容をしっかり吟味する事で、意外と節約できる事は多いです。

中古車の比較はこちらから↓

ダイレクト型(通販型)自動車保険が向いている人

ダイレクト型(通販型)の最大の魅力といえば安い保険料という事です。

もちろん安い保険料金のみならず、コールセンターの体制も充実している事からも、万が一のサポート体制に不安を感じる事は少ないといえます。

また、インターネットの普及によって、様々な情報が収集できる事からも、ある程度の知識があり、自分で納得できるまでプランを検討したい方におすすめです。

もちろん、車の維持費を少しでも抑えたいと考えている方でも、検討してみる価値は十分にあります。

各種割引制度について

対面(代理店)型、ダイレクト型(通販型)に限らず、自動車保険には各種割引制度が用意されています。

ゴールド免許割引

ゴールド免許保有者のみ適用される割引です。

 

運転者家族限定割引

運転者を家族に限定すると得られる割引です。

 

運転者年齢限定割引

年齢によって限定する割引です。

 

複数契約割引

同じ保険会社で、2台以上契約している場合に使える割引。

 

セカンドカー割引

現在契約している車が11等級以上で、自家用として新たに2台目以降を契約する場合に、等級が7等級からスタートすることが可能な割引。

 

さらには自動車に装備される安全装置による割引など、様々な割引制度が用意されています。

なお、これらの割引に関しては保険会社ごとに割引額や割引項目が異なります。

セカンドカー割引と、その条件とは?【自動車保険料金を安く!】

 

複数の自動車保険を比較する事がポイント

補償も保険料も充実した保険を選ぶ最大のポイントは、複数の自動車保険を比較することです。

なぜなら、各保険会社の提供している自動車保険は、同様の加入条件であっても保険料金は大幅に異なるからです。

実際にほとんど同条件であった場合でも、数万円以上もの差が発生するのは珍しくありません。

そのため、複数の保険会社で見積りを作成してもらって、比較する事が非常に重要となります。

とはいえ、複数の保険会社に見積り依頼をして比較することは、結構手間が掛かって面倒です。

特に忙しい方には非常に現実味がありません。

 

そこで活用したいのが、「自動車保険一括見積りサービス」です。

このサービスでは、保険を検討している自動車に関する情報を入力した後に、複数の保険会社の見積りを比較する事ができるサービスです。

申込みに関しては、インターネット上から無料で行う事が可能ですので、自宅に居ながらにしてあっという間に自動車保険を比較検討する事ができます。

これなら補償と料金とトータル的に比べる事が可能なので、「賢い自動車保険の選び方」といえます。

この様に、自動車保険の節約については販売形態を知る事をはじめ、複数の自動車保険の保険料を比較することがとても大切になります。

「自動車保険一括見積りサービス」を上手く活用する事で、意外と簡単に節約に繋がると思います。

→ 自動車保険一括見積りサービスはこちら

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車保険

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.