新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ダイレクト損保の保険料が安い理由とは?

更新日:


にインターネット経由で、保険会社とお客様とが直に、自動車保険契約を結ぶダイレクト損保

一人ひとりの状況に応じた、保険料を設定するなどして安い保険料を実現し、一躍脚光を浴びました。

ネット時代を反映したニュータイプ損保の保険料は何故安いのでしょうか?

ダイレクト損保は保険会社とお客様とが、直接取引をするので、基本的には代理店を持ちません。

ここが既存の損保会社と大きく違う点でしょう。

代理店手数料を支払う事も無いのです。

通常、代理店手数料は保険料の15%程度だと言われており、この経費の浮いた分をもとに保険料を安く出来る訳です。

しかし、代理店との接触が無いという事は、契約者からすれば多少のデメリットは有るでしょう。

日頃の付き合いの中で良きアドバイスも受けられませんし、何と言いましても事故が起こった時の小回りの効くフォローも無いに等しい訳です。

代理店を持たないという事は、代理店を指導、育成する支社や支店が無いという事になります。

ダイレクト損保はお客様と直にというものですから、支社・支店のみならず営業所も殆ど無いと言えるでしょう。

ダイレクト損保で働く、営業マンや事務職などの職員も居ない訳ですから、人件費も掛かりません。

ダイレクト損保は営業コストがかなり少ない体質な訳です。

リスク細分による合理的な保険料算出

次に、リスク細分という合理的な手法を用いている点が挙げられるでしょう。

これは契約者各自のリスクに応じた、保険料を算出するというもので、これも保険料の割安感をもたらすでしょう。

様々な方向性が在りますが、統計的に事故件数の少ないドライバーには保険料を安くし、反対に事故の多い、もしくは事故を起こす可能性が高い契約者には、高い保険料を提示するというチェリーピッキングの採用です。

極端な例では、契約を引き受けない例もあるとか。

また、走行距離の多いドライバーには保険料を高くし、逆に少ないお客には保険料を安くするシステムも採用しています。

当然ながら、これは走行距離が多いと事故が発生する確率が高まる、という考え方に基づいております。

多く走る人も、走行距離が少ない人も保険料が同じという、従来のやり方を是正するものです。

これだと事故の少ない優良ドライバーで、かつ走行距離の少ない契約者は保険料の割安感が大きいと思われます。

具体的には走行距離を5,000キロメートル、9,000キロメートル、16,000キロメートル以下などといった様に幾つかの区分に分け、契約時に今後一年間に自分が走ると予想される距離区分を選んでもらう訳です。

区分に基づいて保険料を算出します

特筆すべきは、事情によって予想の走行距離とは違ってしまった場合にも、きちんとフォローしてくれる点でしょう。

各社バラツキも有ると思われますが、契約区分を超えて走り過ぎてしまった場合には、差額保険料を支払うだけでしっかりと補償してくれますし、逆に実際の走行距離が少なかった場合には、走らなかった分を翌年に繰り越して割引してくれるのです。

少子高齢化社会を迎え、今後ドライバーの高齢化も進むと思われます。

年を取ると必然的に走行距離は少なくなりがちですので、保険料の割安感はますます広がりそうです。

明記しておきたいデメリット

このほか、ダイレクト損保はネット通販ですから、契約はWEB上でという事になります。

これですと全てがコンピューター処理ですから、契約者に書いてもらった書類などを保管・管理するといった煩雑な事務処理も省けます。

ただ、ネット通販ですので顧客対応にムラが有るのも事実の様です。

それから事故が起きた時には、保険料の請求は自分で行わなければならず、代理店の様に親身になってフォローしてくれる状況も期待出来そうに有りません。

保険料が安い分、こうしたデメリットが有る事も心得ておくべきでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車保険

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.