新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

車のドア鍵が回らない!差し込めない!ときの対処法はこれだ

投稿日:


車に乗ろうと思って鍵を差し込んだらキーが回らず解錠ができない!

カギが差し込めない!

と言うトラブルに遭遇した方も多いのではないでしょうか。

 

昨今ではリモコンキーが主流となり、リモコンの電池が無くなったなどの場合にカギを使ってドア鍵を開け閉めしますが、旧車やリモコンキーを使用しないベースグレード車など、鍵を使ってドアを開け閉めする車はまだまだ多いのが現状です。

この記事では車のドア鍵が回らない、或いは差し込めないなどのトラブルに遭遇したときの対処法や避けるべき行動について解説していきます。

車のドア鍵が回らない原因は?

車のドア鍵が回らない原因はいくつかありますが、最も代表的なのは差し込むキーでは無くドアに付いているロック側に問題がある場合です。

車の鍵はマンションや一軒家のドアに設置されている鍵とほぼ同じ構造をしており、キーの削られている位置によってロックユニット内のシリンダーが動き、キーが回って施錠・解錠が行える仕組みとなっています。

しかし、経年劣化や使用環境によってシリンダー自体が摩耗して上手く動かなくなってしまうと、キーを差し込んでも鍵が回らないという事態に陥ってしまいます。

また、車上荒らしなどによって、鍵穴へ無理な力が加わりロックユニット自体が損傷している場合でも、ドア鍵が回らない等の症状が出る場合があります。

車のドア鍵が回らないときの解決方法は?

もしも、キーを入れてもドア鍵が回らないトラブルに遭遇した場合には、どの様に解決すれば良いのでしょうか。

ドア鍵のシリンダー部分が摩耗し鍵が回らない場合には、シリンダー部分の部品を交換することでトラブルを解決する事が可能です。

ですが、ロックユニット自体は複雑な構造をしているため、素人では修理が難しく販売店や自動車整備士の居る民間整備工場などで修理を行う事になります。

どうしても車に乗らなければならない場合には、ドア鍵が回らないドア以外の鍵穴でキーが回るかを試すことで解錠を行える可能性があります。

また、施錠を行う場合にはドアの内側にあるロックボタンを施錠の状態にし、ドアノブを引っ張った状態でドアを閉めると、ドア鍵を回すことなく施錠する事が可能です。

中古車の比較はこちらから↓

車のドア鍵が回らないときに、無理にやってはいけないことは?

ドア鍵が回らないなどのトラブル時に無理にやってはいけないことがあります。

それは、無理にキーを回すことです。

一般的に車のキーは厚さ3mm~4mm程の真鍮や白銅など金属の中でも強度があり、錆に強い素材で造られています。

ところが、ドア鍵が回らないからと言って無理に力を加えると、キー自体が曲がってしまいエンジンキーを差し込むことができなくなる場合があります。

さらに、ドア鍵に差し込んだままキーが折れてしまうなどキーが破損する可能性があるため、絶対に無理にキーを回すという行為を行ってはいけません。

また、マスターキーが破損した場合、スペアキーを複製することができず、ドア鍵のロックユニット部分を全て交換しなければならない事態にもなりかねませんので、無理にキーを回してはいけません。

車のドア鍵が差し込めない原因は?

ドア鍵が回らないと言うトラブルの他に、ドア鍵にキーが差し込めないと言うトラブルも少なくありません。

では、車のドア鍵が差し込めない原因は何なのでしょうか。

こちらもドア鍵が回らない場合と同様に幾つかの原因がありますが、最も代表的な原因は異物などの混入です。

ドア鍵部分は四六時中、外に出ている部分なのでどうしても細かい砂やホコリの進入を防ぐ事ができません。

これらがキーを挿入したとき、一緒に鍵の中に入ってしまうことによって、キーが差し込めなくなる場合があります。

また、沿岸地域に住んでいる方は海からの塩気によって、ロックユニット部分が徐々に腐食してしまい、キーが差し込めなくなる場合があります。

さらにスペアキーなど、複製時の精度が低い場合や複製を行ったばかりでキーの面取りが出来ていない場合、キー自体が摩耗している場合にもドア鍵が差し込めなくなる場合があります。

車のドア鍵が差し込めないときの解決方法は?

錆びやホコリなどによってドア鍵が差し込めない場合には、潤滑油などをスプレーしたキーを差し込み、徐々に奥へ入れていく事で錆や混入物を取り除くことができ、再びキーを差し込める様になる場合があります。

また、普段使用しているキーとは違うスペアキーを使う事で、鍵が差し込める様になる場合もありますので、複数のキーで抜き差しを試すと良いでしょう。

複製したばかりのスペアキーの場合には、削られている凹凸部分の角をサンドペーパーなどで面取りすることによってもキーを差し込むことが可能になる場合があります。

これらの対策を行っても症状が改善されない場合には、キーまたはロック部分に不具合が出ている可能性が高いため、残念ながら修理または部品交換を行わなくてはなりません。

車のドア鍵が差し込めないときに、無理にやってはいけないことは?

車のドア鍵が差し込めないときに無理にやってはいけない事ですが、いちばんNGなのはキーを無理矢理差し込むことです。

錆や埃などによって一時的にキーが差し込めなくなっている場合には、少しずつキーを抜き差しすることで徐々に汚れが取れ、再びキーを差し込むことが可能になる場合があります。

ところが、無理に差し込んでしまうとロックユニット内のシリンダーや鍵の凹凸パターンが破損し、返って逆効果になってしまうため無理に行ってはいけません。

また、ドアの鍵穴が回らなくなった場合と同様に、エンジンキーなどが回らなくなってしまう二次的被害が出る恐れもありますので、数回抜き差しを試みてもキーが差し込めない場合には、早めに販売店や自動車整備工場へ相談する事をおすすめします。

まとめ

ここまで車のドア鍵が回らない、或いは差し込めないなどのトラブルに遭遇したときの対処法について解説してきましたが、ロックユニット内のシリンダー部分に不具合が出ているなどの場合には、販売店や自動車整備工場で修理または部品交換を行う必要があります。

しかし、キー自体に問題がある場合には他のスペアキーや新規にキーを複製することによって、問題が解決する場合があります。

無理に鍵穴を回したり、キーを差し込んでしまうと他の部分に不具合を及ぼす可能性があり、かえって逆効果になってしまう事がありますので、解決策を数回試みても改善されない場合には、販売店や自動車修理工場に相談する事をおすすめします。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車あれこれ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.