新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型ジムニーにおすすめオプション5選&必要ないオプション2選はこれだ!

更新日:


新型ジムニーのアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

おすすめオプション NO.1「マッドフラップセット」

新型「スズキ・ジムニー」にオススメのオプションアイテム1つめは、「マッドフラップセット」です。

これはタイヤの後ろ側に装着する泥よけのことで、オフロードを走行したときに車体に泥が付着するのを防いでくれます。

多くの車にオプション設定されていますが、ジムニーのようなオフロード走行を基本に考えている車には是非とも装着したいアイテムです。

特にオフロードを走行する人は必ず装着しているアイテムです。またこれが装着されているとオフロードカーっぽく見えておしゃれにですので、オフロード走行をしないという人にもオススメです。

このマッドフラップガードはブラックとレッドの2色が用意されていますので、好みのカラーを選ぶことができます。価格は14,310円であまり高くありません。

>>「ジムニー マッドフラップセット」の楽天市場の価格を見る

おすすめオプション NO.2「ハイドロフィリックドアミラー」

新型ジムニーにオススメのオプションアイテム2つめは「ハイドロフィリックドアミラー」です。

 

これはドアミラーに親水加工を施すというオプションです。

雨が降っているときなどドアミラーに水滴がついているとき、後方が見にくいことが結構ありますが。

このハイドロフィリックドアミラーが装着されていると、そうしたことがなく後方確認がしやすくなります。

特に雪道を走行する人は是非装着したいアイテムです。

このオプションは高級車などには標準で装備されていることが多いですが、軽自動車ではオプションでも用意されていないことが多い装備です。

価格は約12,000円、ヒーティッドドアミラー装着車は約14,000円であまり高くありません。

>>「ジムニー ハイドロフィリックドアミラー」の楽天市場の価格を見る

おすすめオプション NO.3「防水シートカバー」

新型ジムニーにオススメのオプションアイテム3つめは「防水シートカバー」です。

 

これはシートにカバーを掛けてシートの汚れを防止するというものです。

ジムニーはオフロード走行や雪道の走行をする人が多いので、シートが汚れる心配のある人が多いと思います。

こういう人には防水シートがオススメです。

 

純正品なのでシートにぴったりフィットするため居住性はとても良いのが特徴です。

カー用品店などで既製品を購入することもできますが、ぴったりフィットしないのでやはり純正品がオススメだと思います。

価格は1脚分で15,210円です。

>>「ジムニー 防水シートカバー」の楽天市場の価格を見る

おすすめオプション NO.4「フロアマット(トレー)」

新型ジムニーにオススメのオプションアイテム4つめは「フロアマット(トレー)」です。

これは普通のカーペット製ではなく、ゴム製のフロアマットです。

ゴムなので汚れてもすぐに洗うことができるというメリットがあります。

 

ジムニーのような車は日常的にオフロードそうこうをすることが多いオーナーもたくさんいると思いますが、そうした人は絶対にこれがオススメです。

またジムニーは雪国にもオーナーがたくさんいますが、雪国では雪が降る季節だけ、このゴム製のフロアマットを装着するということもできます。

カーペット製だと水がしみこんでしまい車内が湿っぽくなってしまうことがありますが、ゴム製ならそうした心配はありません。

価格は約15,000円です。

>>「ジムニー フロアマット(トレー)」の楽天市場の価格を見る

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

おすすめオプション NO.5「ラゲッジマット(トレイ)」

新型ジムニーにオススメのオプションアイテム5つめは「ラゲッジマット(トレイ)」です。

 

これはトランクに敷くマットで、トランクを汚れから防ぎます。

ジムニーのオーナーは釣りに出かけたりする人が多く、トランクがどうしても汚れてしま宇ことがあります。

そこで、このラゲッジマットを敷いておくと、トランクが汚れることはありませんし、マットが汚れたら洗うことができます。

 

ジムニーのオーナーは釣りや山仕事、キャンプなど様々な使い方をすると思いますが、長期間にわたって車を保有しますので、できるだけきれいに使いたいという人も多いと思います。こうした人にはこのラゲッジマットは必須のアイテムだと思います。

価格は約5,600円で割安です。

>>「ジムニー ラゲッジマット(トレイ)」の楽天市場の価格を見る

ここからは新型ジムニーに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1「フロントグリル」

次はオススメの逆で、必要ないと思われるオプションについて考えてみたいと思います。

 

1つめは「フロントグリル」です。

これは標準で装備されているフロントグリルとは異なるものに取り替えるオプションで、旧型ジムニーのデザインをモチーフにしたものです。

しかし、標準のフロントグリルでも十分にスタイリッシュですし、正直オプションを装着しても標準装備品とあまりイメージが変わるわけではありません。

価格も約37,000円と割高ですし、あまり必要ないと思います。

>>「ジムニー フロントグリル」の楽天市場の価格を見る

 

必要ないオプション No.2「デカール」

新型ジムニーに必要ないと思われるオプション2つめは「デカール」です。

 

デカールとは車に張るシールのことですが、ジムニーには様々なデカールが用意されています。

「オフロードスタイル」、「サバイバルスタイル」、「ヘリテージスタイル」、「リバイバルスタイル」の4種類です。

ヘリテージとリバイバルは昔のジムニーを彷彿させるもので懐かしい印象を与えますが、オフロードとサバイバルはせっかくの特徴的なデザインが崩れてしまいます。

ですのでデカールは張らずにできるだけシンプルに乗るのが良いと思います。

>>「ジムニー デカール」の楽天市場の価格を見る

まとめ

以上、新型ジムニーにオススメのオプションアイテム5つと必要ないと思われるアイテム2つをまとめてみました。

ジムニーは軽自動車でありながら本格的なオフロード走行が楽しめる数少ない車ですが、新車価格が約145~185万円と意外と割高です。

オプションアイテムも豊富に用意されており、是非とも装着したいと思うアイテムから、そうではないものまで様々です。

あれもこれもと装着しているとすぐに200万円を超えてしまいますので、必要なものを厳選して購入するようにするのが良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スズキ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.