新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型シエンタ おすすめオプション5選&必要ないオプション2選はこれだ!

更新日:


トヨタ 新型シエンタにはいくつものオプションがありますが、おすすめのオプションアイテムを5つ、必要ないオプションアイテムを2つ紹介したいと思います。

NO.1 おすすめオプション「電子インナーミラー」

まず1つ目のおすすめオプションアイテムは「電子インナーミラー」です。

 

価格は59400円(税込み)

 

これは新型シエンタのリアハッチに装着したカメラの映像をルームミラーに映し出すというシステムで、最近トヨタ車で増えてきているオプションです。

後席に人が乗っているとき、頭が邪魔になって後が見にくいという事がありますが、これを装着しているとそうした心配はありません。

またカメラの映像の方が見える角度が広いので安全に寄与するというメリットがあります。

また普段はカメラの映像を映し出していますが、スイッチで通常のミラーとして使うことができるのが特徴です。

バックするときの死角はかなり多く、このミラーを装着してカメラで見てみると、通常のミラーは見える範囲が狭いとわかると思います。価格は59400円(税込み)とそんなに高くありませんので、おすすめです。

このオプションを装着できる車は限られていますので、ぜひとも付けてみてください。

NO.2 おすすめオプション「レインクリアリングブルーミラー」

おすすめのアイテム2つ目は「レインクリアリングブルーミラー」です。

価格は12960円(税込み)

これはドアミラーに親水加工が施してありますので、視認性が高まります。

ミラーに水滴がつくと、その水滴で見にくくなったり水滴が太陽の光に反射して全く見えなくなったりすることがあります。

親水加工してあると、そうしたことがありませんのでとても安全です。

価格は12960円(税込み)でちょっと高めですがぜひ装着したいアイテムです。

 

特にシエンタは女性オーナーが多いと思いますが、バックが苦手という人にはおススメです。

このオプションは多くの車で用意されていますが、装着している人は意外と少なく、多くの人が市販の撥水加工をしています。

 

窓ガラスは撥水加工させた方が良いと思いますが、ドアミラーは親水加工したほうが見やすいと思います。

NO.3 おすすめオプション「コーナーセンサー」

3つ目のおすすめアイテムは「コーナーセンサー」です。

価格は50760円(税込み)

コーナーセンサーはボディの四角に超音波センサーが装着されており、障害物が近づくとアラームで知らせてくれるというものです。

 

運転席付近にモニターが付いていますので、四角のどこに障害物があるのか一目でわかるようになっています。

シエンタはボディの角が分かりにくいという車ではありませんが、もしもの時に装着しておいた方が無難なアイテムだと思います。

またこのオプションが付いていると下取り査定でも有利です。価格は50760円(税込み)でそんなに高価ではないのでバックが苦手内人や女性にはおススメです。

NO.4 おすすめオプション「ラゲージトレイ」

4つめのおすすめアイテムは「ラゲージトレイ」です。

完全防水のトレイ

価格21600円(税込み)

 

これはトランクに敷くマットで、トランクが汚れることを防いでくれます。

多くの人がレジャーシートなどを敷いていますが、車にぴったりフィットする方が良いので純正品の方がおススメだと思います。

完全防水のトレイは価格21600円(税込み)で、汚れると洗うことができます。

 

柔らかい素材で出来ているソフトなトレイ

もう一つのラゲージソフトトレイは価格12960円(税込み)で、柔らかい素材でできていますが撥水加工されていますので安心です。

 

特に小さな子供さんがいる家庭では、トランクが汚れることが多いと思いますのでこれは価格もそんなに高くなくおススメのアイテムです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

NO.5 おすすめオプション「フルシートカバー」

5つ目のおすすめアイテムは「フルシートカバー」です。

価格 34020円(税込み)

 

 

価格 15660円(税込み)

 

これはシートカバーで1・2列目用が34020円(税込み)、3列目用が15660円(税込み)です。

カラーはブラックとダークブラウンです。

子供さんがいる家庭だと飲み物をこぼした利することがありますので、シートが汚れてしまいますが、シートカバーが付いていれば汚れた時に洗濯すれば済みますので安心です。

カー用品店でもシートカバーは販売されており、いろいろ選ぶことができます。

 

しかし、こうした市販品はシートにぴったりフィットしません。

この点、純正品はぴったりフィットしますので、シートカバーを装着していてもあまり違和感がありません。

ぴったりフィットしないと身体が滑ったりすることがありますが、純正品はそうした心配がないので安心です。

 

ここからは新型シエンタに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1「LEDサイドライト」

必要ないオプション1つ目は「LEDサイドライト」です。

 

これはフロントナンバープレートの横にブルーのLEDライトが点灯するというオプションで、前方の車や自転車に自分の存在を知らせるというものです。

 

しかし、昼間はこれがあるから視認性が高まるという事はありませんし、夜間はヘッドライトがありますので必要ありません。

という事でほとんど意味がないと思うので必要ありません。価格も29160円(税込み)と割高です。

必要ないオプション No.2「LEDバルブヘッド」

必要ないオプションアイテム2つ目は「LEDバルブヘッド」です。


価格15120円(税抜き)

 

これはルームランプをLEDにするオプションで、通常のランプよりも明るいというメリットがあります。

しかし、価格はかなり高く15120円(税抜き)です。

 

こうしたLEDランプはカー用品店で割安で販売されていますので、装着したいという人は後から購入するのが良いと思います。

夜間の車内でいろいろなことをするという人はルームランプは出来るだけ明るい方が良いと思いますが、そうでない人は純正のランプで十分だと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.