新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型クラウン おすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ

更新日:


トヨタ 新型クラウンのアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

 

おすすめオプション NO.1 セーフティパッケージ(121000円)

新型クラウンにおススメのオプションアイテム1つ目は「セーフティパッケージ(121000円)」です。

これは標準で装備されているグレードもありますが、装備されていない場合はぜひとも装着したいアイテムです。

このセットオプションは後続車が死角に入ると、ドアミラーにアラームが出て知らせてくれる「ブラインドスポットモニター」、フロントガラスに速度が表示される「ヘッドアップディスプレイ」などが装備されています。

これらは最近の高級車には装備されていることが多いので装着しておくことがおススメです。

そのほかにはバックギアに入れるとドアミラーが下を向く機能も付いていますので、バックするときの視認性も上がりおススメだと思います。

おすすめオプション NO.2 レザーシートパッケージ(238000円)

クラウンにおすすめのオプションアイテム2つ目は「レザーシートパッケージ(238000円)」です。

クラウンのレザーシートパッケージにはレザーシートのほか、ステアリングヒーターと全席のシートヒーターそして前席のシートベンチレーションが装備されています。

レザーシートはとても質感が良く座り心地が良いのが特徴ですが、夏になると蒸れるので嫌がる人も多いと思います。

この点シートベンチレーションが付いているととても涼しく蒸れることがありません。

しかし、シートベンチレーションを装備しているモデルは少ないのが現状です。

レザーシートとベンチレーションがセットになっている、クラウンのこのオプションはとてもおススメだと思います。

 

おすすめオプション NO.3 リアサポートパッケージ(110000円)

クラウンにおすすめのオプション3つ目は「リアサポートパッケージ(110000円)」です。

電動リアサンシェードと手動リアドアサンシェード、リアオートエアコンがセットになっているオプションで、後ろに人を乗せる機会が多いユーザーにおすすめのオプションですが、あまり載せない人にもおススメです。

電動のリアサンシェードはバックギアに入れると下がり、ドライブギアに入れると再び上がりますので、視認性が下がるという事はありません。

リアガラスからは結構日光が入ってきますので暑いと感じる人も多いと思いますが、サンシェードがあるとこうしたこともありません。

また手動のサンシェードも大変便利ですのでおススメのアイテムです。

おすすめオプション NO.4 ラゲージソフトトレイ(15000円)

クラウンにおすすめのオプションアイテム4つ目は「ラゲージソフトトレイ(15000円)」です。

これはトランクに敷くマットで、トランクの床にぴったりフィットしますしすべり止めと、防水加工がしてあるので是非とも装着したいアイテムです。

クラウンのオーナーはゴルフなどに行く人が多いと思いますが、ゴルフバックは良く滑りブレーキを踏むと動いたりすることがありますが、これはそうしたことも少なくなります。

またクラウンのような高級車のトランクのマットは比較的高級なものが使われていますが、荷物を載せて汚れることもあります。

ラゲージトレイを敷いておくとこうした汚れを防ぐこともできますし、そんなに高価ではないのでおススメだと思います。

おすすめオプション NO.5 スノー・レジャー用フロアマット(11500円)

クラウンにおすすめのオプションアイテム5つ目は「スノー・レジャー用フロアマット(11500円)」です。

これはゴム製のフロアマットで、通常のフロアマットと異なります。

これは多くの車に設定されていますが、知らないという人も結構たくさんいます。雨の多い梅雨の時期や雪国では冬になるとどうしてもフロアマットが汚れてしまい、洗濯をする必要があります。

しかし、カーペットを洗濯するのって結構たいへんですが、ゴム製なら簡単に洗うことができますのでとても便利なアイテムです。

普段は通常のフロアマットを敷いておき、必要な季節だけゴム製のマットを敷くというのがおススメです。価格もそんなに高くありませんのでぜひ購入したいアイテムです。

ここからは新型クラウンに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 サイドプロテクションモール(34560円)

新型クラウンに必要ないオプションアイテム1つ目は「サイドプロテクションモール」です。

これはドアの中央部分に装着している樹脂製のモールで、障害物でドアをこすらないようにするためのオプションです。

昔は多くの車に装着されていましたが、最近は少なくなりました。

これを装着しておくと、車に傷がつくリスクが低くなりますが、車のサイドラインがあまりカッコよくありません。

特に新型のクラウンはデザインが旧型に比べるとこだわって作られており、クラウンではないようなスタイルです。

従来のクラウンなら装着しても良いと思いますが、新型には似合わないと思います。

運転に自信がないという人以外はあまりおススメしないオプションだと思います。

必要ないオプション NO.2 車載防災セット(13000円)

クラウンに必要ないオプション2つ目は「車載防災セット(13000円)」です。

これはもしもの時のために、いろいろなアイテムがリュックサックに入っているセットです。

セットの内容はレインコート、レジャーシート、アルミブランケット、軍手、タオルなどがいろいろもしもの時に必要なアイテムが入っています。

最近は災害が多いので、車にもこうしたアイテムを装備しておいてた方が良いことは間違いありませんが、どれもホームセンターで手に入れられるようなものばかりです。

しかも、価格が約13000円と結構高価ですのであまりおススメは出来ません。

こうしたオプションが必要だと思う人は自分でホームセンターで買いそろえて車に積んでおくのが良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.