新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型ヴェルファイアのおすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

更新日:


TOYOTA 新型ヴェルファイアを購入するときに、アクセサリーカタログから、オプションパーツを選ぶと思いますが、どのオプションパーツを選べばいいのか悩んでしまうと思います。

この記事では人気のおすすめオプションパーツを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

 

おすすめ NO.1 TRD製 パフォーマンスダンパーセット

1つ目のおすすめオプションパーツは「TRD製 パフォーマンスダンパーセット」です。

2015年にフルモデルチェンジを行い、2017年12月にはマイナーチェンジを行った30系ヴェルファイアですが、2015年のフルモデル時に足回りの大幅な変更を行い操舵性と乗り心地が飛躍的に向上しました。

中でもリヤサスペンションは、横揺れの大きいトーションビーム式コイルスプリングから横揺れが少なく、高速走行時でも安定して、車体を支える事ができるダブルウィッシュボーン式コイルスプリングに変更されました。

これにより従来と比べて横揺れは減少し操舵感は向上しましたが、背の高いミニバン車と言う事で、サスペンションの変更だけでは、横揺れの軽減に限界があるのが実情です。

そこでさらに、車体の安定性を高める事の出来るパーツが、このパフォーマンスダンパーセットなのです。

商品名やカラーは異なりますが、ヴェルファイア以外のトヨタ・エスティマやノアなどにもディーラーオプションとして装着を勧められる事が多く、現在ではトヨタ全体でイチオシのオプションパーツとなっています。

おすすめ NO.2 モデリスタ製 admiration エアロキット

2つ目のおすすめオプションパーツは「モデリスタ製 admiration エアロキット」です。

もともと、アルファードと比べてスポーツ感が強いデザインとなっているヴェルファイアですが、2017年12月のマイナーチェンジと共に、トヨタ最高ランクとなる先進安全装備「トヨタセーフティーセンスP」が搭載されました。

これにより、従来変更が可能であったフロントグリルやバンパーのドレスアップを目的とした交換が不可となりました。

従来のエアロキットは、元々派手目だったヴェルファイアが、さらに派手になってしまうと言う観点から、エアロパーツの装着をためらっていた方も多く評価が二分していました。

ところが、今回は新たにモダンなデザインの「admiration エアロキット」という、比較的おとなしめなモデルのエアロパーツが販売されました。

コンセプトは「大人のエアロ」と言う事で、他のモデリスタ製エアロパーツやTRD製エアロパーツと比べて、ゴージャス感は少ないものの、存在感のある引き締まった仕上がりとなっています。

おすすめ NO.3 トヨタオリジナルアクセサリー・革調シートカバー

3つ目のおすすめオプションパーツは「トヨタオリジナルアクセサリー・革調シートカバー」です。

ヴェルファイアのような高級車は、ステリングやシートの質でファミリーカーとの差別化を図っていますが、昨今では子育て世代の方もヴェルファイアの様な高級車を選択する傾向が多くなっており、車内の汚れなどに悩む方も多くなっています。

特に小さなお子さんの居るご家庭では、車酔いを起こす子供も多く素のシートが汚れてしまうなどの問題も発生しているようです。

この革調シートカバーは、本革ではなく合成皮革と人工皮革を合わせたシートカバーとなっており、万が一汚れてしまった場合でもシートカバーを外して洗浄が行える為、非常に便利なアイテムとなっています。

また、トヨタオリジナルアクセサリーと言う事で、安全装備であるサイドエアバッグの作動にも、影響が無い作りとなっている点も魅力です。

掃除の手間はできるだけ省きたいけれども、高級車としてのラグジュアリー感も損ないたくないと考えている方におすすめのオプションです。

おすすめ NO.4 トヨタオリジナルアクセサリー・プロジェクションカーテシイルミ

4つ目のおすすめオプションパーツは「トヨタオリジナルアクセサリー・プロジェクションカーテシイルミ」です。

近ごろ流行の投影型カーテシイルミネーションで、カーテシランプから照らされる地面に「VELLFIRE」という文字が浮かび上がるイルミネーションとなっています。

同じ高級車でもあるトヨタ・ハリアーなどのウェルカムランプにも同様のオプションが設定されており、独自のデザインを施したアフターパーツが販売されるなど、人気の高いパーツとなっています。

このイルミネーションはトヨタオリジナルアクセサリーと言う事で、取り付け位置や耐久性などにおいて動作の保証も行われている事から万が一のトラブルにも安心の設計となっています。

高級車ならではのゴージャス感と、遊び心を体験する事ができるアイテムで、夜間時の乗降が楽しくなってしまうアイテムでもあります。

車に迎えられている感じや、やはり高級車だと実感したい方におすすめのオプションです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

おすすめ NO.5 デジタルインナーミラー

ヴェルファイアにおすすめのオプションアイテム5つ目は「デジタルインナーミラー」です。

これは車の後部にカメラが付いており、この映像をルームミラーに映し出すというオプションです。

またこのルームミラーは従来のミラーとして使うことも可能で、スイッチで切り替えることができます。

ヴェルファイアのようなミニバンは後ろに人を乗せる機会が多いと思いますが、人が乗っていると後方が見にくくなります。

カメラの映像を映し出すと後方の安全確認がしやすくなり、運転しやすくなります。

最近このオプションは多くの車に装備されるようになってきましたので、是非装着したいアイテムです。

価格は108000円です。

ここからはヴェルファイアに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 ツインムーンルーフ

次にヴェルファイアに必要ないと思われるオプションアイテム1つ目は、「ツインムーンルーフ」です。

これはフロントシートの上部と後席の上部に装着するムーンルーフで、価格は118800円です。

フロントのルーフはチルトのみで、リヤはスライドします。

ムーンルーフは開放的で気持ちいいので装着してみたいという人も多いですが、ルーフを開けるのは購入当初のみでしばらく経つとほとんど使わなくなります。

ツインムーンルーフを装着していると下取り査定で多少有利になりますが、2~3万円です。

このためどうしてもムーンルーフがほしいという人以外は必要ないオプションです。

必要ないオプション No.2 ナンバーフレームイルミネーション

ヴェルファイアに必要ないと思われるオプションアイテム2つめは「ナンバーフレームイルミネーション」です。

これはフロントのナンバーフレームですが、周りにLEDが装備されており、ヘッドライトを点灯すると連動してこのLEDも転倒するようになっています。

ヴェルファイアはフロントグリルが大きく押し出しが強いデザインですので、こうした装飾品はあまり必要ないと思います。

逆に目立ってしまい下品な印象を与えてしまいますし、価格は21600円で意外と割高ですので必要ないと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.