新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型BMW 3シリーズ(セダン)におすすめのオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

投稿日:


BMW3シリーズがフルモデルチェンジしました。

3シリーズは世界的に人気があるモデルで、日本でも話題になっています。

そこでこの記事では、BMW3シリーズ(セダン)におすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

おすすめオプション NO.1「メタリックペイント(90000円)」

新型BMW3シリーズにおすすめのオプション1つめは「メタリックペイント(90000円)」です。

BMWには現在5色のボディカラーが設定されていますが、そのうちソリッドカラーは「アルピンホワイト3」1色のみです。

 

これはオーソドックスなホワイトで、あっさりとした感じで高級感がありません。ですので、オプション料金を支払ってでもメタリックペイントを選ぶ方がおすすめです。

メタリックはホワイト、グレー、ブラック、ブルーの4色が用意されていますが、ブルーががおすすめです。

ボディラインが強調されており、BMWらしいスポーティな感じが伝わってきます。

おすすめオプション NO.2「ヘッドアップディスプレイ(132000円)」

おすすめのオプション2つめは「ヘッドアップディスプレイ(132000円)」です。

 

ヘッドアップディスプレイはフロントガラスに速度などが表示されるアイテムで、視線を移動することがないのでとても安全です。

むかし、クラウン・マジェスタに標準装備されていましたが、最近多くの車に装備されるようになってきました。

BMWの場合、速度のほかナビの情報も表示されます。

 

ナビを見ながら運転すると周囲の安全確認がおろそかになることがありますが、ヘッドアップディスプレイがあるとそうしたことがありませんので安全です。

 

ちなみに、3シリーズには320i「SE」、「Standard」、「M Sport」、330i「M Sport」がラインナップしていますが、ヘッドアップディスプレイはM Sportのみに装着できます。

おすすめオプション NO.3「コンフォートパッケージ(114000~125000円)」

おすすめオプション3つめは「コンフォートパッケージ(114000~125000円)」です。

 

コンフォートパッケージはオートマチック・トランク・リッド・オペレーション、ストレージパッケージ、HIFIスピーカー・システム、パーキング・アシスト・プラスガセットになったオプションです。

トランクの開閉を電動でしたり、トランクルーム内の12V電源、USB端子など便利なアイテムがたくさん装備されていますので、意外と割安の装備だと思います。

 

ちなみにこのオプションはベーシックなSEには装着できませんので注意が必要です。

おすすめオプション NO.4「イノベーションパッケージ(223000円)」

おすすめのアイテム4つめは「イノベーションパッケージ(223000円)」です。

イノベーションパッケージはBMWレーザー・ライト、BMWヘッドアップディスプレイ、BMWジェスチャーコントロールがセットになったオプションです。

レーザーライトは従来のLEDの2倍の約500mを照射することができ、視認性を大幅に高めることが出来ます。

ジェスチャーコントロールは手の動きで室内の温度を調整したり、オーディオの音量を調整したり出来る機能で、7シリーズなどには標準装備されています。

ちなみにこれは330iのM Sportのみに装着できます。

特にレーザー・ライトは魅力で気ですので、少し高いですがぜひ装着したいアイテムです。

おすすめオプション NO.5「アクティブプロテクション(47000円)」

おすすめアイテム5つめは「アクティブプロテクション(47000円)」です。

アクティブプロテクションは、急ブレーキが踏まれると、シートベルトを締め付け、シートを適切な位置に移動させ、窓やサンルーフを閉め衝撃に備えるという装備です。

特にシートベルトを締め付けるのは有効だと言われており、むち打ちなどを防ぎますのでぜひ装着したいアイテムです。

ちなみにSEには装備できません。

 

ここからは新型BMW3シリーズに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1「19インチタイヤホール(98000円)」


次に、逆に新型BMW3シリーズに必要ないと思われるオプションは「19インチタイヤホール(98000円)」です。

これはM Sportに装着できるオプションです。M Sportは通常18インチを装着していますが、19インチを装着するとかなりスタイリッシュに見えますので、おしゃれです。

しかし、M Sportといっても3シリーズはセダンですので19インチは必要ないと思います。ホイールが大きくなると乗り心地は悪くなりますし、タイヤの価格が高いため、交換するときには出費がかさみます。

 

どうしても、19インチを装着したいという人以外は、特に必要ないオプションだと思います。

必要ないオプション No.2「電動ガラス・サンルーフ(161000円)」


必要ないと思われるオプション2つめは「電動ガラス・サンルーフ(161000円)」です。

これは多くの車にオプション設定されているサンルーフで、チルトとスライドしますが、ほとんどの人は使うことがありません。

サンルーフを装着したことがない人は一度装着してみたいと思うようですが、時間が経つと使わなくなりますので、どうしてもほしいという人以外は必要ないアイテムだと思います。

まとめ

以上、新型BMW3シリーズのおすすめと必要ないと思われるオプションを調べてきました。

BMWなどの輸入車は一般的にオプションが高いと言われています。

しかし、ヘッドアップディスプレイやアクティブプロテクション安全に関わる装備はそんなことはなく、良心的な価格設定になっていますので、ぜひ装着したいアイテムだと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-BMW

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.