新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

アルファロメオ147の故障ポイントと魅力!【中古車なら庶民でも買えるイタリア車】

更新日:


アルファロメオ147は、2001年に日本国内で販売が開始された、アルファロメオの実質的エントリーモデルです。

 

2009年に販売が終了しており、2012年に後継車となるアルファロメオ ジュリエッタが発売されるため、実質的に10年近く販売された息の長いモデルです。

基本的な機構に大きな変更はされませんでしたが、2005年のフェイスリフトを境に前記型と後期型に分けられます。

見分け方はヘッドライトの形状で、楕円形なのは初期型、吊り目になっているのが後期型になります。

パッケージ的には、2.0リッターツインスパークエンジンと、2ペダルのセレスピードの組み合わせ以外にも、5MT車もラインアップがあります。

 

1.6リッターツインスパークエンジンには5MT車が用意されるほか、3.2リッターV6のGTA仕様は、セレスピードもしくは6MTとなります。

アルファロメオ147の故障ポイント

イタリア車につきものの故障ですが、アルファロメオ147も壊れるところは決まっており、セレスピードがその代名詞となります。

 

日本にこの車が入ってきたときに、多くの人が誤解をしていたのですが、セレスピードはオートマではありません。

 

あくまで、クラッチのないマニュアルミッションであり、運転の仕方も注意して取り扱う必要があります。

 

この手のタイプの2ペダルMTは、年々メーカーも改良を重ねており、前期よりも後期の方が、故障しにくい傾向があります。

 

しかしながら、いずれにしても油圧式の機構であり、消耗品と割り切る方がベターです。

アルファロメオ147のグレードとスピード

おすすめグレードは5ドアの1.6リッター5MTモデルです。

 

セレスピードを外すことで、壊れて一式のユニット交換で修理代30万円というリスクから解放されます。

絶対的パワーはない車なので、あえて2.0リッターを選ばなくとも1.6で十分です。

 

ちなみに2.0リッターのセレスピードより、1.6リッター5MTの方が加速タイムは上です。

なによりも、1.6リッターならば、結構飛ばしているようで、実は対してスピード出ていないので、いろんな面で安心です。

 

足回りも引き締められており、国産車のような安っぽい走りとは一線を画します。

 

中古車の比較はこちらから↓

アルファロメオ147の魅力(中古車は意外と安値)


カタパルトから発射されたかのように加速する!ツインスパークエンジンが最大の魅力です。

レッドゾーンの 7000 回転まで回さなくとも、その鋭いエンジンフィーリングを堪能することが可能です。

 

また、アルファロメオ車全般に言えることですが、147はロック・トゥ・ロック 2.2 回転のハンドリングを誇ります。

国産スポーツのS2000が2.4回転からも分かるように、超クイックなハンドリングを体験することができます。

 

とにかく、アルファロメオを所有しているということが、究極的な魅力です。

 

壊れそうだからというだけの理由で、乗りたいけどあきらめた周囲の人に対して、これでもかと見せつけることができます。

 

比較的、中古車価格が安いので、場合によっては国産中古車よりも、安価に購入することができるのも魅力です。

アルファロメオ147 中古車検索(なびくる+中古車お探しサービス)

 

アルファロメオ147のトラブル対策


日本国内でもかなりの販売台数がありますので、すでにトラブルの傾向と修理方法については出尽くされています。

助手席エアバッグカバーの爪、パワーウィンドウ レギュレーターのプラスチック部品が破損しやすいです。

 

ディーラーと相談して、交換する部品を絞って修理することがお勧めです。

また、ネット上であらゆる修理の方法は閲覧することができますので、ディーラーの修理見積もりが高額の場合、海外通販サイトから部品を取り寄せて、自分でDIY交換するのがおすすめです。

日本国内だけでなく、海外からも部品を取り寄せられるのが輸入車の醍醐味です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-アルファロメオ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.