新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ボルボ 新型XC40は欧州センス満載のシートが最高!2018年海外で発売開始GO!

更新日:


ボルボ 新型XC40は次世代コンセプト車として、2018年の早い時期に発売されるXC90の姉妹車です。

ボルボのSUV ラインであるXCシリーズの中で一番小さなモデルです。

しかし、この小さなボディには、ボルボの様々な技術が詰め込まれているのです。




ボルボ新型XC40は日本車にはないデザイン

ボルボ新型XC40は日本車やドイツ車にはない、洗練された北欧スウェーデンならではのフォルム。

そしてボルボ最大の売りの一つである上品な内装。

とても落ち着いた雰囲気が、車内空間を演出します。

 

特にボルボのシートは上質なことで有名で、その座り心地は同価格帯のドイツ車では、比較が出来ないとも言われています。

 

この色はちょっと濃い目な感じ。

 

個人的にはこのシートの色がしっくりきます。

 

このシートカラーはカジュアルな感じですね。

新型XC40の外装デザインも、かつての名車ボルボ240を彷彿とさせ、伝統と革新が融合された素晴らしい車になっています。



何よりボルボと言えば安全性

ご存じの方も多いかもしれませんが、現在ほぼすべての車に装備されている、三点式シートベルトは元はボルボが世界で初めて発明した物です。

このことからも分かるように、ボルボの安全追求への志というものは、世界最高レベルにあるのです。

そして当然のように新型XC40にも最新の安全機能が装備されています。

・歩行者検知
・緊急自動ブレーキシステム
・360度アラウンドモニター
・反自律走行システム(いわゆるパイロットアシスト)

加えて、XC40には極めて燃費の良いディーゼルエンジンモデルもあり、燃費も日本車に全く劣っていません。




ボルボ 新型XC40の価格について

価格はまだ正式発表ではありませんが、400万円~と言われています。

多少、日本車に比べれば高値ですが、モデルチェンジの早い日本車と比べて、同じモデルを10年単位で作り続ける欧州車は、その魅力が色あせることはありません。

 

ボルボ XC40の魅力的な画像をご堪能下さい!

新型XC40の魅力的な画像が私の手元にまだありますので載せておきますね。

幻想的な配色の背景にも、XC40はその存在感を私たちを魅了しますね。

 

テールランプいいですね。
ただ搭乗しているときは見ることが出来ないのが、残念でなりません。




センスがいいナビモニターです。

 

大人な雰囲気が私にアクセルを1段階、踏み込ませます。

曲は何を聴こうか?

 

ボルボらしい重厚な質感のフロントドア。絶対に汚したくない。。

 


上から見ると何か可愛いい(笑)



ボルボ 新型XC40 以外のSUVについて

さすがにボルボXC40の画像が飽きてきたので、私の好きなタイプの女性写真で一息です。

 

2017年、今年の車業界にキーワードがあるとすれば、それは「小型SUV」でしょう。

トヨタのCHーRやCX8、日産ジュークをはじめとした小型でスポーティな車が、新車販売台数ランキングの上位に次々と食い込んできています。

空前絶後のクロスオーバーブーム

そうです、今は正に空前絶後のクロスオーバーブームなのです。

小型SUV、クロスオーバーの利点はまず何よりも、そのスポーティなフォルムにあります。

 

車を移動する為の機械として考えるならば、このようなデザインは不要であるとしか言えませんが、今の日本の消費者には走りを楽しみ、車にも個性を持たせたい。そんな考えが根付き始めているのです。

 

しかしながら、先程も述べたように今はブームの真っ只中であり、誰もがこぞってSUV、クロスオーバーを買おうという時代です。

 

街中を見渡せば、トヨタのCH-Rが日に日にその台数を増していき、マツダやスバルの勢いも衰えるところを知りません。

 

そんな中では、折角個性や楽しみを求めてSUVやクロスオーバーを買おうと思ったのに、結局は社会の波の中に埋もれてしまい没個性となってしまうのです。



そこで私が選択すべきだと考えるのが欧州車

欧州車と聞いて、皆さんが抱かれるイメージは色々な物があると思います。

値段が高い、よく壊れる、そもそもディラーが近くにない。

確かに、これらの意見は全くの嘘というわけではありません。

実際に、納車一日目にして不具合が発生する、そんな時代もかつてはありました。

しかし、現在においてはその品質は日本車と比較しても全く劣らず、むしろ優れている部分も多くあります。

 

ですから、自分の個性を車に反映させたい、そんな考えをお持ちの方は是非一度、欧州車を購入リストの中に咥えて欲しいのです。

ただ、欧州車と言ってもその選択肢は幅広くあります。

有名なところでメルセデスベンツのGLA、MINIのクロスオーバー、

少しマニアックなところでいけばシトロエンのDSシリーズや、フィアット500Xも優れた車です。

 

欧州車の魅力を身近で体験できるのが、ボルボ 新型XC40なのではないでしょうか。

是非近々、車の購入を検討の方はボルボのディーラーでその素晴らしさを体感されると良いかもしれませんね。

シートに座り、ハンドルを握ったその瞬間、あなたはこの車の虜になるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-ボルボ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.