新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型シエンタの口コミ評価はすこぶる高い!

投稿日:

新型シエンタの外観への口コミ


全体的なフォルム、ヘッドライトなど旧型とは違ったスタイリッシュさを前面に引き出しつつ可愛さを残したデザインに仕上がっている印象。

ポップなカラーもシックなカラーもあり可愛い車が好みの女性にも親しみやすく、またシックなバイカラーも大人な雰囲気をかもし出し男性が乗っていても好感が持てる。

車の外装に関しては洋服を選ぶような感覚でウキウキするものだが、今までチョイスしたことなかったカラーにもチャレンジできそうな雰囲気。

老若男女問わず誰にでも親しみを持ってもらえるデザインで非常に好印象。

新型シエンタの内装への口コミ

ドライバー目線で内装を見たときの統一感がラグジュアリーな雰囲気を漂わせる。
ギアの下のポケットやドリンクホルダーは何気に重要で荷物が多い人にも心強い。

ちょっとした小物を置く場所があるかないかで運転中の操作能率が格段に違ってくるものだ。

そして広々とした後部座席もとっても魅力的で、天井高がある程度ある分週末に遠出して大量に買い物してきても難なく荷物も積め、積み下ろしも難がなさそうな雰囲気。

チャイルドシートなど設置していても赤ちゃんを抱える時は天井の低さがとても気になるがそこもクリアしそう。

新型シエンタの燃費への口コミ

ハイブリット車に関しては燃費28㎞/Lと満足な数字だと思います。

最近のハイブリットでこれ以下ならむしろハイブリットを選ぶ必要はないのかも?

2WDの燃費はシエンタと同じくらいの燃費が出る車は探せば他にもありそう。燃費20㎞/Lとなってくるとどうしても維持費等を考えると軽四輪も検討に入ってきそう。

燃費だけのイメージなので、軽四輪と乗用車の違いは格段にあるので一概には言えないが、欲をいえばもうひと超えと期待してしまう。

ただ決して悪い燃費ではなくあくまでも普通かなと思います。

4WD目的にもよるが15㎞/Lという燃費は今のハイブリットが主流になりつつある中で、明らかに悪い印象。

川に毎日BBQに行ったり山登りをして更に普段街乗りするとなれば15㎞/Lという燃費でもいいのかな。

新型シエンタのその他への口コミ

最近話題なっている安全性能に関して細かくサポートがあり、ドライバーを安心させてくれる要素の一つであり以外に譲れないポイントだったりする。

衝突防止やはみ出しお知らせのアシスト機能は、車を選ぶ際のフォルムや燃費性能で気に入っていざ購入!と機嫌を良くし、ローンの事、頭金の事を算段しかけけた時に安全性能が求めてるクオリティより低かった時の絶望感と言ったら半端ない。

センサーに完全に頼って運転するのは基本から外れているのは承知の中でも、走行距離が伸びるほど事故のリスクは増えるわけで、うっかりミスでは済まされないのが交通事故というものであり、その安心感を車がアシストしてくれたら心強いたらこの上ないです。

その他オートマチックハイビームも付いているようで、夜間走行が長くなるとライトの操作って案外面倒だったりするんですが、そちらも車が代行してくれるのはありがたい。オートの車に慣れている人ならこの機能はとても重要。

まとめ

ファミリーにも単身者で若くてもどんな世代にもどんなパターンでもマッチングする車だなぁと思います。

どこに乗って行ってもおかしくないし、誰をドライブに招待しても喜ばれそう。サイズ感も小さすぎず大きすぎず、低すぎず高すぎず、とってもいい。

誰からも親しまれるデザインや性能を作るのは簡単そうに思えて以外にできないと思います。バライティー豊かなカラーで心を元気にしてくれそう。

車って想像以上に生活の支えになり必需品でもあったりします。

いわゆる相棒として、一般的には10数年付き合って行くわけですが、「悲しい時にシエンタで家路に着いた」、「楽しい時にシエンタでお出かけした」、「思い出の場所に一緒に出かけられる車」、「どこにでも連れて行ってくれる車」。

それがシエンタだと思います。

極端な大きさや奇抜すぎるカラーなんて必要ない、シエンタだからいいんだ、シエンタオーナーはきっと思うはずです。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.