新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ホンダの電気自動車『Honda e』の魅力と最新情報【何と!0~100km/h加速は8秒】


2020年にいよいよホンダから注目の電気自動車『Honda e』が発売されます。

とてもキュートなエクステリアと排気ガスを全く排出しない地球にやさしい電気自動車としての先進性など、気になっているという人も多いのではないでしょうか。

クルマとしての基本性能や価格など、現時点で分かっている情報を基に、『Honda e』について解説します。

『Honda e』のデザインはこうして生まれた!

『Honda e』のコンセプトカーはかなり以前から発表されていました。

そして、フランクフルトモーターショーにおいて全世界に向けて市販車がお披露目となったわけですが、あまりにもキュートな丸みを帯びたエクステリアデザインは、男女問わず思わず「可愛い!」と声を上げてしまいそうです。

クラシカルなようであり、同時に未来的。既存の枠にとらわれない魅力的なデザインとなっています。

開発担当者によると、「既存のクルマの価値を見直すことから始めた」とのことで、特徴的な丸いヘッドライトや、モニターが全面を占めるインパネなど、その成果は内外装随所に現れています。

さらに、クルマでの移動することと人々の暮らしがスムーズにつながることで、毎日がより一層豊かになることを目指したとのことです。

これはクルマの新しい価値の創出であり、単なるエコカーとしての先進性だけではない、人に寄り添うクルマとして『Honda e』は生まれたのです。

『Honda e』はラウンジのようなインテリア

インテリアはラウンジのように心地よい空間となっています。

既存の価値観から脱却することで、単なる移動手段を超え、いかに居心地よく快適でいられるかということに力が入れられています。

複雑さを排してシンプルかつ直感的に使いやすいことが優先されてデザインされており、運転席の前から助手席の前まで続いている大型モニターが目を惹きます。

その前が少し段差となっていて、ちょうど手を置くことができるようになっています。これはタッチパネルが使いやすくなるように工夫なのですが、その新鮮なデザインには驚かされます。

かつて、デートカーの代名詞でもあったプレリュードも、このような横一直線に伸びるインパネを採用していたのを思い出す人も多いのではないでしょうか。

このモニターは様々な情報ツールである2つの大型タッチパネルと、サイドカメラミラーシステムのモニター、そしてメーターパネルから構成されています。

シートは肌触りの良い生地が使われており、モダンなソファーと呼ぶに相応しいものです。

後席に乗る人にとっても心地よい空間が確保されています。

『Honda e』の各スペックについて

ボディサイズは全長が約3900mm、全幅が約1700mm、そして全高が約1500mmとなっています。全長はコンパクトカーのフィットよりも短いのですが、全幅は3ナンバーサイズとゆったりしています。

これによりシティコンパクトカーとして取り回しの良さと、広々とした空間を両立しています。コンパクトサイズではありますが、どっしりとして安定感があり、軽自動車のような軽い印象は皆無と言って良いでしょう。

パワーユニットは、最高出力136psと154psの2タイプが用意され、最大トルクは、 3Lのガソリンエンジン並みの32.1kgmとなります。

0~100km/h加速は8秒と並みの乗用車では敵わない俊足ぶりを発揮します。

駆動方式は後輪駆動で4輪独立サスペンションが採用され足回りの良さも魅力です。

このあたりはF1でも活躍しているホンダの拘りと言えるでしょう。

また気になるのが、一充電走行距離ですが、WLTCモードで200km以上となっています。

また30分で約80%の休息充電が可能です。

『Honda e』の予想価格

車両本体価格はまだ明らかにされていませんが、補助金を含めると実質350万円程度となると予想されています。

コンパクトカーとして見れば割高感が否めませんが、普通のクルマにはない価値があります。

ホンダとして初の電気自動車ですから、今後開発が進むことで、価格も下がってくるものと思われます。

まとめ

ホンダ初の電気自動車『Honda e』は、デザインの段階から既存のクルマの価値を見直して開発されました。

キュートな外観と居心地の良い内装、シティーカーとしての取り回しの良さや圧倒的な低燃費など、既存のクルマにはない魅力が詰まったニューカーとして、2020年に登場予定です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.