新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型シエンタ vs フリードの比較【外観、室内、燃費、価格など】

更新日:


新型シエンタは現行モデルがまだ2代目という比較的新しく登場したミニバンです。

2018年9月にその2代目がマイナーチェンジし、

全幅 が169.5センチ
全長が426センチ
全高が2WDで167.5センチ、4WDで169.6センチ

となりました。

マイナーチェンジ前より全長が2.5センチ大きくなっています。

 

フリードも現行モデルが2代目のミニバンで、トヨタとホンダの同じクラスのライバル車だと言っていい車種同士です。

こちらは

全幅が169.5センチ
全長がモデルによって426.5~429.5センチ
全高が2WDで171センチ
4WDで173.5センチ

となっています。

このように、大きさはほとんど変わりありません。

共に全幅が170センチ未満なので、5ナンバーのコンパクトミニバンというカテゴリです。

新型シエンタ vs フリード 外観を比較

シエンタは2代目になって外観が大きく変わりました。

 

フロントグリルの両ライトからフォグランプ部分までの印象的なシルエット、後部も両方のブレーキランプ部分を繋ぐように車体の下に沿って描かれているカーブから、他のミニバンと一目で区別が付きます。

 

フリードは良くも悪くもいかにもコンパクトサイズのミニバンと言ったスタイルです。

これと言って印象的な所はありませんが、同社のステップワゴンもとてもよく似たフロント周りで、共に長く乗っていても飽きないベーシックな外観だと言うことができます。

 

斬新的なスタイルのコンパクトミニバンが欲しいという場合は、シエンタはとてもおすすめです。

ボディーカラーにはツートンタイプもあり、特に遊び心も満載です。

新型シエンタ vs フリード 室内サイズを比較

シエンタの室内サイズ

 

全幅が147センチ
全長が253..5センチ
全高が128センチ

です。

フリードの室内サイズ

対するフリードの方は全幅は145.5センチとほぼ変わりませんが、全長が304.5センチと50センチ以上も大きくなっており、全高は127.5センチです。

全長はそれほど変わらないのに、どうしてこれだけ室内空間が違うのかと言えば、それは両車を横から見ると分かりますが、シエンタはフロントのノーズ部分がミニバンにしては滑らかな形状になっています。

その為に室内空間の全長がフリードと比較して50センチ以上も小さく、特に2列目と3列目のシートの間隔が狭くなっています。

しかし、シエンタは3列目に座った人の足がちょうど2列目の席の下に入るように設計されているので、数字ほど狭いという感覚は受けません。

むしろ、うまい工夫がされていると考えていいでしょう。

新型シエンタ vs フリード エンジン・燃費を比較

新型シエンタに用意されているパワートレインは、1.5リッターエンジン、同じく1.5リッターのハイブリッド仕様の2種類です。

前者は2WD、4WDから選択できます。

 

フリードも同様に1.5リッターエンジン、1.5リッターハイブリッド構成から選択でき、こちらはハイブリッドにも4WDモデルがあります。

これだけを見るとほとんど変わりがありませんが、パワーを求めるならフリードの方で、1.5リッターエンジンモデルで130馬力、ハイブリッドモデルでも110馬力あるのに対して、シエンタは全てのモデルがトータルで100馬力そこそこです。

 

ただし、新型シエンタの方が若干燃費性能に優れており、ハイブリッドモデルでリッター28.8キロという燃費を達成しています。(旧規格のJC08モードにて)

 

フリードは同規格での測定でリッター27.2キロが最高で、少しでも燃費を気にするならシエンタの方が向いているということができます。

新型シエンタ vs フリード 価格を比較

シエンタの価格は、ガソリンエンジンモデルが1,816,560円~2,172,960円、ハイブリッドモデルが2,226,960円~2,532,600円です。

それに対してフリードは、ガソリンエンジンモデルが1,880,000円~2,852,280円、ハイブリッドモデルが2,256,000円~3,152,520円となっています。

ガソリンモデル、ハイブリッドモデル共、安価なモデル同士はほぼ同価格ですが、上を見ると圧倒的にフリードの方が高価です。

 

この理由は、フリードの上位モデルには”ホンダセンシング”という前方、後方に対しての安全装備が搭載されており、更にまるでスポーツカーのようにフロント、リア共にスポイラーが装着されている走りを追及したモデルになっているからです。

シエンタにはそのようなスポーティなモデルは存在せず、ホンダセンシングと同様の安全装備の”セーフティセンス”はオプションという扱いなので、車両価格としては上のような設定なのです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

比較まとめ

スペックを見ると、完全にライバル車同士と言っていいこの2車種ですが、前衛的なデザインのシエンタと、デザインは無難ながらも高価なスポーティなモデルまで用意されているフリードは、実に好みの分かれるところでしょう。

 

これはもう、人それぞれの好みの問題だと言わざるを得ません。

 

また、燃費ならシエンタ(ハイブリッドモデル同士の比較です)の方が僅かながら優れているという点も比較の際には是非覚えておきましょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA, HONDA
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.