新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

自賠責保険から補償される賠償額について

更新日:


自賠責保険から補償される賠償額について、お話ししていきたいと思います。

自動車損害賠償保障法について

自動車の保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

任意保険はその名の通り、加入するかどうかは本人の任意になっており、加入しなくても構いません。

一方、自賠責保険に関しては、「自動車損害賠償保障法」という法律によって加入が義務付けられています。

なお、自動車損害賠償保障法では、被害者に故意や重大な過失のあったことを加害者が証明できない限り、加害者が損害賠償義務を負うという、無過失責任主義が基本となっています。

自賠責保険に未加入の罰則について

法律による規定であるため、自賠責保険に未加入の車を運転すると法律違反になり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

同時に、違反点数6点という行政処分が科されるため、即座に免許停止になります。

また、自賠責保険の証書を車に所持していないだけでも、30万円以下の罰金とされています。

自賠責の保険金について

自賠責保険の賠償限度額は以下になっています。

・死亡:3,000万円
・後遺障害:4,000万円
・傷害:120万円

この金額は「被害者1人当たり」となっているため、1つの事故で被害者が複数いた場合は当該人数分の保険金が支給されます。

例えば、横断歩道にいた通行人の列に車が突っ込んで4人にケガを負わせた場合、4人全員に対して各120万円を限度とする保険金が支給されます。

また、加害者が複数いた場合は、加害者全員の自賠責保険から限度額内の保険金が支給されます。

ただし、加害者の数によって保険金が増額されたとしても、支給されるのは実際に生じた損害額だけです。

例えば、友人の車に同乗している時にトラックと衝突事故を起こしてケガをした場合、友人の車とトラック双方の自賠責保険から保険金が支給されるため、240万円(120万円×2)が補償されます。

ケガの治療費が200万円であった場合は、200万円までしか支給されません。

過失相殺について

自賠責保険と任意保険の違いには色々ありますが、主な違いとして「過失相殺」による保険金の減額があります。

任意保険の場合、加害者と被害者双方の事故における過失割合に応じて、賠償金額が相殺されます。

例えば、AさんBさんが衝突事故を起こし、Aさんの治療費に50万円がかかったとします。

そこで、事故におけるAさんの過失割合が30%あったとすると30%分の保険金が過失相殺され、保険金は70%分の金額(35万円)しか支給されません。

一方、自賠責保険では任意保険のような過失相殺は行われません。

例えば、上記の例の場合、Aさんの過失割合が30%ではなく60%であったとしても、治療費の50万円全額の保険金が支給されます。

しかしながら、過失割合がいくらであっても過失相殺をされないわけではなく、過失割合が70%を超えると以下のように保険金が減額されます。

・70%以上80%未満:20%減額
・80%以上90%未満:30%減額
・90%以上:50%減額

ちなみに、上記の例でBさんに責任が無かった場合は(Aさんの過失割合が100%)、Aさんに対して自賠責保険から保険金が支給されません。

 

過失割合が100%というのは、以下などの事故が該当します。

・赤信号無視による事故
・信号待ちしている車、駐車ラインにいる車に衝突
・センターラインを越えて対向車に衝突

保険金の請求について

自賠責保険の請求方法には、「加害者請求」と「被害者請求」の2種類があります。

加害者請求というのは、加害者が被害者に損害賠償金を支払い、その後加害者が支払った金額の保険金の支給を自賠責保険会社に請求するものです。

一方、被害者請求というのは、被害者が加害者の加入している自賠責保険会社に直接損害賠償金を請求するものです。

 

通常、自動車の保有者は任意保険に加入しているケースが多いため、自賠責保険の保険金の支給に関しては、加害者の加入している任意保険の保険会社が加害者に代行して賠償業務を行います。

つまり、任意保険会社が自賠責保険の分も含めて、保険金を被害者に支払う「一括払い」になっています。

その後、任意保険会社が立て替えた分の保険金を、自賠責保険の担当会社に請求するのが一般的です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車保険

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.